Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 広報 > 知事の部屋 > “源動力情報”埼玉から政策発信 > 犬・猫の殺処分数「ゼロ」を目指して

知事の部屋 日本再生への埼玉の挑戦 埼玉県知事 上田清司

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月6日

犬・猫の殺処分数「ゼロ」を目指して

10年で半減する目標を4年で達成

埼玉県では、平成20年度から29年度までの10年間で犬・猫の殺処分数を9,118匹から4,500匹まで半減する目標を掲げました。

そのために、(1)動物収容施設に入れない(飼育放棄する飼い主の説得)、(2)飼い主に返す(迷子動物の発見支援)、(3)差し上げる(新しい飼い主探し)を重点取組として、精力的に実施しました。その結果、平成23年度の殺処分数は4,367匹となり、6年前倒しで当初の目標を達成することができました。

当面の新たな目標として、平成35年度末までに500匹未満とすることとしていますが、最終的に目指すのは殺処分数「ゼロ」です。

新たな目標に向けた取組 地域猫活動

犬に比べて猫の殺処分数の削減率が伸び悩んでおり、いかに猫の処分数を減らしていくかが大きな課題となっています。処分される猫の大半が野良猫の生んだ子猫なので、多い時には年3回15匹以上の子供を生む野良猫の繁殖を抑えることが有効です。

近年、ボランティアや自治会などが野良猫に不妊・去勢手術を行って増えないようにした上で、決まった場所にエサ場やトイレを設置して、地域ぐるみでその一生を見守る「地域猫」という活動が注目されています。県では、この活動を推進するため、市町村に対して補助金を交付する事業を平成24年度からスタートしました。

これは、市町村において地域猫活動のモデル地区を選定してもらい、そこで活動を行うボランティアなどに県から市町村を通じて必要な経費を補助するというもので、全国的にも例を見ない事業です。

平成29年度からは野良猫の繁殖抑制をさらに推進するため、二つの新規事業をスタートさせました。一つ目は「飼い主のいない猫の不妊・去勢手術推進事業」です。これは、住民が行う、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術に対し、手術費用の補助制度を導入する市町村へ助成を行う事業です。

二つ目は「彩の国動物愛護推進員活動補助事業」です。彩の国動物愛護推進員とは、動物愛護に関する分野での経験や熱意を有し、県内における動物愛護の推進に御協力いただけるボランティアとして、動物の愛護及び管理に関する法律に基づき知事から委嘱を受けた方々です。本事業は、動物愛護推進員が行う、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術に補助を行う事業です。

今後もこうした取り組みを続け、殺処分ゼロを目指していきます。

 

民間企業との連携

地域猫推進事業のもう一つの特色は、イオンリテール株式会社及び株式会社ダイエーと連携して進めていることです。同社からは、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として、同社が発行する電子マネーカード「彩の国ハッピーアニマルWAON」の決済金額の一部(売上げの0.1%)を、地域猫推進事業の財源として御寄付いただいています。

県はこれからも様々な取組を通じ、犬・猫の殺処分数ゼロの実現を目指していきます。

犬猫の殺処分10年で半減する目標を4年で達成。最終目標は殺処分ゼロ。

  「地域猫活動」や「TNR」とは、動物愛護に即した形で屋外で活動する猫による問題を解決する手法の一つ。

彩の国ハッピーアニマルWAONカード。イオンはWAONカードを活用した地域振興、社会貢献として自治体と連携。

お問い合わせ

保健医療部 生活衛生課 総務・動物指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3612

ファックス:048-824-2194

知事直轄 総合調整幹  

郵便番号3309301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

電話:048-830-2027

ファックス:048-822-2258

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?