トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年12月 > 令和2年度「下總皖一音楽賞」の受賞者決定について-埼玉県ゆかりのプロの音楽家を表彰-

ページ番号:188899

発表日:2020年12月25日11時

ここから本文です。

県政ニュース

令和2年度「下總皖一音楽賞」の受賞者決定について-埼玉県ゆかりのプロの音楽家を表彰-

部局名:県民生活部
課所名:文化振興課
担当名:文化振興課
担当者名:小山・並木

内線電話番号:2887
直通電話番号:048-830-2887
Email:a2875-04@pref.saitama.lg.jp

 七夕の歌として親しまれている童謡「たなばたさま」の作曲はじめとして「作曲家」「音楽理論家」「音楽教育家」として、日本近代音楽の基礎を作ったといわれる加須市出身の偉人、下總皖一(しもおさ かんいち)。その精神を受け継ぐ音楽家を表彰する「下總皖一音楽賞」の受賞者を決定しました。

今年度の受賞者は、「音楽文化発信部門」が鴻巣市出身で指揮者、作曲家、音楽教育家の天沼裕子(あまぬまゆうこ)氏、「音楽文化貢献部門」が武蔵野音楽大学名誉教授でトランペット奏者の戸部豊(とべゆたか)氏です。

表彰式は、令和3年2月2日(火曜日)に行う予定で、詳細は後日発表します。

受賞者及び受賞理由※受賞者のプロフィールは別紙(PDF:194KB)をご覧ください。

1  音楽文化発信部門

天沼  裕子 氏

指揮者、作曲家、

ドイツ国立ヴュルツブルク音楽大学オペラ科主任教授・指揮科教授

【本県ゆかり】鴻巣市出身

【受賞理由】

国内外で幅広く活躍する指揮者、作曲家、音楽教育家。

オーケストラ・アンサンブル金沢の初代常任指揮者に就任。ドイツ・マグデブルク歌劇場の指揮者、作曲家に就任。現在、ドイツ国立ヴュルツブルク音楽大学オペラ科主任教授及び指揮科教授としてドイツを拠点に活動し、女性指揮者の第一人者として活躍。

2 音楽文化貢献部門

戸部  豊 氏

トランペット奏者、武蔵野音楽大学名誉教授

【本県ゆかり】武蔵野音楽大学及び尚美短期大学(現尚美学園大学)在勤歴

【受賞理由】

日本を代表するトランペット奏者で音楽教育家。

国内のオーケストラのトランペット首席奏者として幅広く活躍する。

武蔵野音楽大学(入間キャンパス)などで50年近くに渡り県内の音楽教育に力を注ぎ、優秀な演奏家を多数輩出するなど本県音楽文化の向上に貢献。

参考1「下總皖一音楽賞」の概要

【創設】平成24年度(9回目)

【対象】本県ゆかりのプロの音楽家

【部門】

音楽文化発信部門

国内外で幅広く活躍され、今後、更なる活躍が期待できる方

音楽文化貢献部門

長年にわたり、本県の音楽文化の向上に貢献されている方

【選考方法】下總皖一音楽賞選考委員会での審査を経て、埼玉県知事が決定

【選考委員会】金山茂人委員長((公社)日本演奏連盟専務理事)他5名

【過去の受賞者】埼玉県ホームページをご覧ください。

(HPアドレス)http://www.pref.saitama.lg.jp/a0305/ongakusyou/

参考2「下總皖一の功績」

加須市出身の偉人。全国に知られた「たなばたさま」「花火」「野菊」などの童謡・唱歌をはじめ、日本各地の校歌、合唱曲、器楽曲、協奏曲、邦楽曲など多岐にわたる作曲を行い、その数は2,000曲とも3,000曲ともいわれている。

『和声学』『作曲法』などの著作で音楽理論を確立、東京藝術大学で音楽学部長を務め、数多くの素晴らしい音楽家を育てるなど、「作曲家」「音楽理論家」「音楽教育家」として日本近代音楽の基礎を作った。

県政ニュースのトップに戻る