トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年12月 > 新型コロナウイルス感染症の重症患者を円滑に受入れるため「埼玉県緊急人工呼吸器勉強会」を開催します

ページ番号:188678

発表日:2020年12月22日14時

ここから本文です。

県政ニュース

新型コロナウイルス感染症の重症患者を円滑に受入れるため「埼玉県緊急人工呼吸器勉強会」を開催します

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:総務・医療企画担当
担当者名:福田・山川

内線電話番号:3535
直通電話番号:048-830-3535
Email:a3530-07@pref.saitama.lg.jp

新型コロナウイルス感染症の重症患者を円滑に受入れるため、日本COVID-19対策 ECMOnetの協力の下、人工呼吸器を保有する医療機関の医師や看護師を対象とした、人工呼吸器の実践的勉強会(講義+シミュレーターなどを使った手技演習)を開催します。

埼玉県緊急人工呼吸器勉強会概要

1 勉強会プログラム

人工呼吸器管理全般、COVID-19シナリオシミュレーション(実技)等

2 講師

讃井 満(さぬい まさみつ) 医師(自治医科大学附属さいたま医療センター)ほか

3 受講者

人工呼吸器を保有する新型コロナウイルス感染症患者受入れ医療機関の医師及び看護師約50人(受講料無料)

 

※日本COVID-19対策 ECMOnet

COVID-19に対するECMO治療を提供する有志の集まり。2020年1月中国武漢からの新型肺炎発生ニュースの報道時から本構想を検討・準備。2月16日からECMO治療に携わる者たちが本格的な活動を開始。代表者は竹田 浩(たけだ しんひろ) (かわぐち心臓呼吸器病院院長)。

県政ニュースのトップに戻る