トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年12月 > 県債の格付において、地方公共団体で最上位である「AA(ダブルエー)+(プラス)」を維持

ページ番号:188490

発表日:2020年12月18日15時

ここから本文です。

県政ニュース

県債の格付において、地方公共団体で最上位である「AA(ダブルエー)+(プラス)」を維持

部局名:企画財政部
課所名:企画財政部
担当名:民間資金担当
担当者名:山形、岡登

内線電話番号:2178
直通電話番号:048-830-2178

このたび、埼玉県では株式会社格付投資情報センター(R&I)から取得している県債の「発行体格付」(県債償還の確実性に関する評価)を更新しました。

本県の格付は国債と同ランクの「AA+(ダブルエープラス)」となり、平成20年度から13年連続で同水準を維持しました。

これにより、債券市場における本県の信用力を高めるとともに、投資家層の拡大を図り、引き続き有利かつ安定的な資金調達に取り組みます。

格付の内容

<格付機関>

株式会社格付投資情報センター(R&I)

<埼玉県債の格付>

AA+(ダブルエープラス):信用力は極めて高く、優れた要素がある。

※21段階の評価のうち、AAA(トリプルエー)に次いで上から2番目の評価

※国債と同格かつ、地方公共団体で最上位の格付

<埼玉県債格付の方向性>

安定的:格付は当面変更の可能性が低い。

<理由(要約)>

・首都圏の中央に位置し、多種多様な産業が集積している。充実した交通インフラや積極的な企業誘致もあって、大規模工場とそれを支える中小企業が数多く立地し、特定業種の好不況に左右されにくい歳入構造を持つ。

・健全な財政運営も重視しており、長期にわたり行財政改革に取り組んでいる。

・大野知事は「日本一暮らしやすい埼玉」の実現を目指し「埼玉版スーパー・シティプロジェクト」など5大プロジェクトを推進している。今後も県民サービスの向上と域内経済の活性化、財政健全化に配慮したバランスある県政運営が続くと判断している。

<その他>

株式会社格付投資情報センター(R&I)においても、本県県債の格付に関するプレスリリースを実施しております。

 

県政ニュースのトップに戻る