トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年12月 > 「高校生の『農力』育成強化プロジェクト」県立熊谷農業高校で「GLOBALG.A.P.」認証取得にチャレンジ

ページ番号:188319

発表日:2020年12月17日11時

ここから本文です。

県政ニュース

「高校生の『農力』育成強化プロジェクト」県立熊谷農業高校で「GLOBALG.A.P.」認証取得にチャレンジ

部局名:教育局
課所名:高校教育指導課
担当名:産業教育・キャリア教育担当
担当者名:田島

内線電話番号:6759
直通電話番号:048-830-6769
Email:a6760@pref.saitama.lg.jp

県教育委員会では「高校生の『農力』育成強化プロジェクト」として、県立の農業関係高校において、経営感覚や国際感覚、チャレンジ精神のある農業の担い手を育成するため、「GAP(農業生産工程管理)」の実践と認証の取得を目指しています。

県立熊谷農業高校では、大里農林振興センターの協力の下に、野菜について埼玉県独自の「GAP」である「S-GAP実践農場2020」の評価を受けております。

その実績を踏まえ、この度同校は、野菜(トマト)について国際的認証基準である「GLOBALG.A.P.」の認証取得に挑戦します。

「GLOBALG.A.P.」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の農産物調達基準を満たします。今後、同校は、同大会での食材提供を目指します。 

県立熊谷農業高校「GLOBALG.A.P.」認証取得における審査

1 日時

令和2年12月22日(火曜日)8時30分~18時00分

2 場所

県立熊谷農業高校(熊谷市大原3-3-1)

※「GAP(農業生産工程管理)」は、生産活動の持続性を確保するため、食品安全・環境保全・労働安全などについて、記録・点検・評価し、生産工程の管理や改善を行う取組です。

Good(適正な)、Agricultural(農業の)、Practice(実践)」

※「GLOBALG.A.P.」は、食品安全やトレーサビリティ、作業従事者の労働安全と健康、環境保全などの観点から、持続的生産活動を目指す優良企業が実践すべき200以上の管理点を満たすことで認められる国際的認証基準です。

県政ニュースのトップに戻る