トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年12月 > 「学校地域WIN-WINプロジェクト」県立高校の生徒が、埼玉県消費生活課と連携し、「消費者問題学習・防止プロジェクト」に取り組みます

ページ番号:188079

発表日:2020年12月15日11時

ここから本文です。

県政ニュース

「学校地域WIN-WINプロジェクト」県立高校の生徒が、埼玉県消費生活課と連携し、「消費者問題学習・防止プロジェクト」に取り組みます

部局名:教育局
課所名:生涯学習推進課
担当名:地域連携担当
担当者名:藤井

内線電話番号:6979
直通電話番号:048-830-6979
Email:a6975-05@pref.saitama.lg.jp

県では、学校教育に活用できる地域の力を発掘し、地域と学校をつなげることで、生徒たちが実社会からの学びを充実するとともに、学校の力を地域に生かす取組「学校地域WIN-WINプロジェクト」を平成30年度から行っています。

今回、県立浦和第一女子高校(定時制)と熊谷高校(定時制)の生徒が、埼玉県県民生活部消費生活課と連携し、不当表示広告等の消費者問題について学習する「消費者問題学習・防止プロジェクト」に取り組みます。 

1 日時

⑴令和2年12月21日(月曜日)19時00分~19時50分

⑵令和2年12月22日(火曜日)18時00分~19時30分

2 会場

⑴県立浦和第一女子高等学校視聴覚室

(さいたま市浦和区岸町3-8-45)

⑵県立熊谷高等学校視聴覚教室

(熊谷市大原1-9-1)

3 対象

⑴全校生徒 46名

⑵全校生徒 38名

4 講師

埼玉県県民生活部消費生活課

事業者指導担当 主事 荏原(えばら) 智美

5 内容

メディアリテラシーを切り口とした不当表示広告等の消費者問題について、行政処分事例を中心に学習します。「批判的思考」を高めることで、自分や身近な人が消費者被害にあわないように注意力を高めます。

また、事後学習として「不当表示広告調査票」を作成し、埼玉県に提出します。高校生の力で消費者被害を防ぐという「社会を動かす力」を実感してもらう機会とします。

県政ニュースのトップに戻る