トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年12月 > 拉致問題解決に向けた街頭署名活動の結果について-169名の署名が集まりました-

ページ番号:188161

発表日:2020年12月13日16時

ここから本文です。

県政ニュース

拉致問題解決に向けた街頭署名活動の結果について-169名の署名が集まりました-

部局名:福祉部
課所名:社会福祉課
担当名:援護恩給担当
担当者名:坂爪

内線電話番号:3277
直通電話番号:048-830-3277
Email:a3270-14@pref.saitama.lg.jp

北朝鮮人権侵害問題啓発週間(12月10日~16日)に合わせ、「北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会(救う会埼玉)」などが行う街頭での署名活動に、知事、県議会議員等が参加し、北朝鮮による拉致問題の一日も早い解決を訴えました。 

街頭署名活動の結果について

1 参加者等について

(1)日時

令和2年12月13日(日曜日)午後2時~午後4時

(2)場所

JR浦和駅西口伊勢丹浦和店前

(3)主催

北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会

(4)主な出席者

・埼玉県知事  大野 元裕

・国会議員  三ツ林 裕巳、牧原 秀樹

・埼玉県議会議長  田村 琢実

・埼玉県議会議員 長峰 宏芳、宮崎栄治郎、鈴木 正人、梅澤 佳一、白土 幸仁、齊藤 邦明、細田 善則、新井 一徳、中野 英幸、岡地 優、立石 泰広、

                        内沼 博史、浅井 明、美田 宗亮、松井 弘、渡辺 大、千葉 達也、山口 京子、高橋 稔裕、松坂喜浩、柿沼 貴志、岡村ゆり子、

                        町田 皇介、白根 大輔

・北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会代表  竹本博光

・北朝鮮による拉致被害者家族連絡会  本間勝(拉致被害者田口八重子さんの兄)

2 署名について

集まった署名は、169名分で、救う会全国協議会を通じて内閣官房に届けられます。

 

※氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字があるため、第1・第2水準の漢字で表記しているものがあります。

県政ニュースのトップに戻る