トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年10月 > 知事と市町村長による「トップフォーラム」を開催します

ページ番号:185591

発表日:2020年10月26日14時

ここから本文です。

県政ニュース

知事と市町村長による「トップフォーラム」を開催します

部局名:危機管理防災部
課所名:危機管理課
担当名:危機管理担当
担当者名:野本・由佐

内線電話番号:8136
直通電話番号:048-830-8131
Email:a3115-09@pref.saitama.lg.jp

自然災害や危機事態の発生時に市町村が初動対応を適切に行うためには、平時からの備えを含め、トップである市町村長の役割が重要となります。

そこで、自治体の災害対応力向上を目的に市町村長を対象として、防災や危機管理に精通した有識者に御講演いただく「トップフォーラム」を開催します。

今回は、国立研究開発法人防災科学技術研究所理事長の林春男氏を講師としてお招きします。講演では、危機対応に当たってリーダーが果たすべき責務や実施すべき業務などをお話しいただき、災害時のトップマネジメントについて知見を深めます。

トップフォーラムの概要

1 日時

令和2年10月28日(水曜日)14時30分~16時00分

2 場所

埼玉県県民健康センター 大ホール

(さいたま市浦和区仲町3-5-1)

3 内容

(1)講演「災害時のトップマネジメントのあり方」

       講師  国立研究開発法人 防災科学技術研究所

               理事長  林 春男 氏

(2)意見交換  講演内容を踏まえた講師、知事、市町村長との意見交換

4 主催

埼玉県、総務省消防庁

5 参加者

県内市町村長等

 講師プロフィール

林 春男(はやし はるお)氏 

  • 昭和51年 早稲田大学大学院修士課程修了
  • 昭和58年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院心理学科

         博士号(Ph.D)取得

  • 平成8年から京都大学防災研究所巨大災害研究センター教授、平成17年から同センター長を経て、平成27年10月から現職
  • 京都大学防災研究所において、社会現象としての災害学理の究明と、効果的な防災の実現を目標とした研究に取り組む
  • 平成25年に防災功労者内閣総理大臣表彰受賞
  • 「いのちを守る地震防災学」(岩波書店)、「しなやかな社会の挑戦」(日経BPコンサルティング)など著書多数

県政ニュースのトップに戻る