トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年10月 > 「埼玉県におけるDX推進」に関するデジタル改革担当大臣への要望の結果について

ページ番号:185506

発表日:2020年10月22日16時

ここから本文です。

県政ニュース

「埼玉県におけるDX推進」に関するデジタル改革担当大臣への要望の結果について

部局名:企画財政部
課所名:改革推進課
担当名:AI推進担当
担当者名:今井・上田

内線電話番号:2442
直通電話番号:048-830-2442
Email:a2440-11@pref.saitama.lg.jp

新型コロナウイルスの感染拡大により、行政のデジタル化の重要性がこれまで以上に高くなっています。デジタル化による新たな行政サービスを早期にかつ着実に実現するためには、国と一体となりデジタルトランスフォーメーション(DX)の取組を進めることが不可欠です。

そこで、DXを加速させるための支援、行政手続きの電子化の推進、マイナンバー利活用の普及促進などについて、大野元裕知事が平井デジタル改革担当大臣に対し要望を行いました。なお、今回の要望は、ペーパーレスで実施しました。結果は次のとおりです。 

1 要望日時

令和2年10月22日(木曜日)13時10分~13時25分

2 要望先

内閣府特命担当大臣  平井 卓也(ひらい たくや) (デジタル改革担当)

3 要望者

埼玉県知事  大野 元裕(おおの もとひろ)

4 要望内容

別添(PDF:3,212KB)のとおり

5 要望に対する大臣のコメント

自治体とともにデジタル化を進めていくため、国では、システムの標準化に向けた法制化を進めており、国のクラウドに順次参画してもらえると、自治体の負担は将来少なくなると考えている。

住民の利便性を向上させるため、デジタル庁でデータに関するルールづくりなどについて、自治体と話し合いながら進めていきたい。

デジタル人材について、日本国内のリソースも限られるので、自治体と共有し最大限有効に活用できる方法を意見交換しながら進めていきたい。

201022-0201    201022-0202

6 要望内容に関する問い合わせ先

(1)DXを加速させるための支援

(2)行政手続きの電子化の推進

企画財政部  改革推進課  AI推進担当  主幹 上田

直通 048-830-2442

(3)マイナンバー利活用の普及促進

(4)コロナ禍における「新しい生活様式」への対応

企画財政部  情報システム課  副課長  横溝

直通 048-830-2289

県政ニュースのトップに戻る