トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年10月 > 公立小・中・義務教育学校における「学校再開後の学習への取組状況等の調査結果」について

ページ番号:185015

発表日:2020年10月15日14時

ここから本文です。

県政ニュース

公立小・中・義務教育学校における「学校再開後の学習への取組状況等の調査結果」について

部局名:教育局
課所名:義務教育指導課
担当名:教育指導担当
担当者名:山本・二口

内線電話番号:6748
直通電話番号:048-830-6748
Email:a6750@pref.saitama.lg.jp

本県独自で、県内の公立小・中・義務教育学校の学校再開から夏季休業前までの期間における学習状況や教育指導等の取組状況につき調査を実施しました。今回の調査結果と、今後の取組の方向性についてお知らせします。

資料(PDF:1,390KB)

1 調査の趣旨

○学校再開後から夏季休業までの期間における各学校の取組について調査し、学習状況や教育指導の状況について把握する。

○データに基づいて、コロナ禍における学校教育の課題や、県・市町村・学校が取り組むべき内容を整理する。

2 調査概要

⑴対象校

埼玉県内(さいたま市立を除く)の全公立小・中・義務教育学校

(小学校:702校、中学校:355校、義務教育学校:1校)

⑵対象期間

学校再開(分散登校期間は除く)から夏季休業前までの期間

※上記期間は、自治体、学校ごとに異なる期間となります。

⑶調査実施期間

令和2年8月

⑷調査内容

学習状況、教育指導、再び臨時休業になった場合の家庭学習支援等

3 調査結果から見えてきた主な課題

⑴ICTの活用

ア ICTの活用状況

イ ICT活用の課題

ウ ICT環境がない児童生徒の把握・支援

⑵コロナ禍による授業への影響

ア 授業時数への影響

イ 対話的な学びの工夫

4 データに基づく教育行政のさらなる充実に向けて

⑴調査結果の市町村への周知・指導助言

⑵県学力・学習状況調査とのクロス分析

 

県政ニュースのトップに戻る