トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年10月 > 令和2年度埼玉県政世論調査結果(中間報告・速報)

ページ番号:184876

発表日:2020年10月14日11時

ここから本文です。

県政ニュース

令和2年度埼玉県政世論調査結果(中間報告・速報)

部局名:県民生活部
課所名:広聴広報課
担当名:広聴・知事への提案担当
担当者名:大山、赤岩

内線電話番号:2850
直通電話番号:048-830-2850
Email:a2840-09@pref.saitama.lg.jp

県では、生活意識や県民の要望などを把握し、県政推進の基礎資料とするため、「県政世論調査」を昭和43年(1968年)から毎年実施しています。このたび、今年度の調査項目のうち、「生活意識」及び「県政への要望」等についての概要がまとまりましたので、中間報告として速報でお知らせします。

今回の調査では、「生活全体の満足度」について「満足」が「不満」を8.7ポイント上回りました。「満足」が「不満」を上回るのは6年連続です。

また、県政への要望では「新型コロナウイルス感染症対策を進める」が37.3%で第1位となり、「災害から県民をまもる」が25.5%で第2位となりました。

最終的な調査結果(報告書)は、12月下旬に公表する予定です。

なお、今年度から調査方法を、調査員による個別面接聴取法から郵送法に変更しています。

調査の概要

1 調査設計

調査地域:埼玉県全域

調査対象:県内に住む満18歳以上の個人の方

標本数:5,000人

標本抽出:住民基本台帳による層化二段無作為抽出法

調査方法:郵送法(郵送配布、郵送回収・インターネット回収併用)

調査期間:令和2年8月8日(土曜日)から28日(金曜日)まで

2 回収結果

回収率56.7%(回収数2,834人/標本数5,000人)

3 主な調査結果

※調査方法の変更により、令和元年度の結果との比較には留意が必要です。

(1)生活意識

【昨年と比べた暮らし向き】

 

令和2年度

令和元年度

増減

楽になった(計)

5.7%

5.2%

+0.5p

変わらない

51.3%

56.1%

△4.8p

苦しくなった(計)

40.9%

36.8%

+4.1p

※「苦しくなった(計)」が40.9%で4割を超えています。

 【生活全体の満足度】

 

令和2年度

令和元年度

増減

満足(計)

51.7%

50.7%

+1.0p

不満(計)

43.0%

41.7%

+1.3p

※6年連続で「満足(計)」が「不満(計)」を上回りました。

(2)日常生活

【新型コロナウイルス感染症の不安】

 

令和2年度

不安を感じている(計)

82.5%

不安を感じていない(計)

 8.0%

※「不安を感じている(計)」が82.5%で8割を超えています。

(3)県政への要望

「新型コロナウイルス感染症対策を進める」が第1位になり、「災害から県民をまもる」が第2位になりました。

順位

項目

令和2年度

令和元年度

増減

1位

新型コロナウイルス感染症対策を進める

37.3%

-

-

-

2位

災害から県民をまもる

25.5%

19.4%

(3位)

+6.1p

3位

医療サービス体制を整備する

20.3%

23.4%

(2位)

△3.1p

4位

地球温暖化を防止する

17.3%

12.7%

(9位)

+4.6p

5位

高齢者の福祉を充実する

17.2%

24.2%

(1位)

△7.0p

6位

子育て支援を充実する

12.9%

18.5%

(4位)

△5.6p

6位

自然をまもり、緑を育てる

12.9%

12.3%

(10位)

+0.6p

8位

防犯の地域づくりを進める

11.8%

16.7%

(5位)

△4.9p

9位

道路や街路を整備する

10.0%

13.4%

(7位)

△3.4p

9位

便利な交通網をつくる

10.0%

12.9%

(8位)

△2.9p

 

※調査結果(中間報告・速報)については、次のホームページで御覧いただけます。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/yoron/yoron2020-hokoku.html

 

県政ニュースのトップに戻る