トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年8月 > 子ども食堂など、子どもたちの生きる力を育む活動に助成~浦和競馬こども基金助成事業 助成団体決定~

ページ番号:181871

発表日:2020年8月20日11時

ここから本文です。

県政ニュース

子ども食堂など、子どもたちの生きる力を育む活動に助成~浦和競馬こども基金助成事業 助成団体決定~

課所名:埼玉県社会福祉協議会
担当名:地域活動支援課
担当者名:塚原・片桐

直通電話番号:048-822-1435
Email:vc@fukushi-saitama.or.jp

令和2年度の浦和競馬こども基金助成事業として「子ども食堂等(子どもの居場所づくり)の活動」を重点テーマとし、子ども食堂や学習支援を行う77のNPOやボランティア団体へ総額約900万円の助成を決定しました。

コロナ禍により、子どもたちの居場所づくりや食の提供といった本来の活動が困難な状況下においても工夫を凝らし、支援が必要な子どもや家庭とのつながりを切らすことなく、活動を続けようと頑張る団体を応援します。 

1 浦和競馬こども基金について

埼玉県浦和競馬場開場70周年を記念し、新たな地域貢献の取組として、埼玉県浦和競馬組合から埼玉県社会福祉協議会に1,000万円の寄附があった。

この寄附金を原資として、令和元年度に県社協内に創設された。様々な困難を抱えながら頑張る子どもたちの生きる力を育むための事業に役立てられている。

2 助成事業の概要

(1)目的

寄附金を財源として、埼玉県内の様々な困難を抱える子どもたちを支援する事業を行うNPOやボランティア団体へ助成を行うことを目的とする。

(2)内容

継続事業の場合、1団体原則として10万円以内を助成。

重点テーマに合致する新規事業を立ち上げる場合、1団体原則として20万円以内を助成。

(3)募集時期

毎年3月から翌年度の募集を開始。

(4)助成団体数・助成総額

77団体 8,970,000円

(5)助成団体について

団体の主な活動内容

件数

特徴的な取組

子ども食堂

55

  • 学習支援も実施
  • フードパントリーも実施

         ※食材や弁当の配布も含む

  • プレーパークも実施
  • その他(畑作、若年性認知症高齢者との交流など)

学習支援

8

  • スポーツを取り入れた活動
  • 若者の就労支援
  • 食育を取り入れたプログラム提供

プレーパーク

1

 

不登校・引きこもり児童の居場所

2

  • Webで開催

その他(フート゛ハ゜ントリー等)

11

  • 子育て中の困窮世帯への配食
  • 生活相談の場の提供

※参考:新規立ち上げ事業24件(うち子ども食堂は14件)

3 参考※写真付き

(1)埼玉県浦和競馬組合のコメント

埼玉県浦和競馬組合

副管理者 渡辺充氏

別紙(PDF:271KB)参照

(2)審査委員会委員長のコメント

浦和競馬こども基金助成事業 審査委員会

委員長 西郷泰之氏(社会福祉法人 全国社会福祉協議会 中央福祉学院 教授)

「本基金は、困難を抱える子どもたちを支援する事業、中でも特に発展が期待される子どもの居場所づくりの活動を支える重要な財源となっている。」

(3)助成決定団体の声

取材団体:1.特定非営利活動法人れでぃばーど 2.すくすく広場

別紙(PDF:271KB)参照

4 お問い合せ

社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会埼玉県ボランティア・市民活動センター〔地域活動支援課〕(担当:塚原・片桐)

Tel:048-822-1435/ファックス:048-822-3078 Eメール vc@fukushi-saitama.or.jp

県政ニュースのトップに戻る