トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年8月 > 「令和2年度彩の国埼玉環境大賞」を募集します-新たに県民・事業者各部門から大賞を選定-

ページ番号:181105

発表日:2020年8月3日11時

ここから本文です。

県政ニュース

「令和2年度彩の国埼玉環境大賞」を募集します-新たに県民・事業者各部門から大賞を選定-

部局名:環境部
課所名:環境政策課
担当名:計画推進・環境影響評価担当
担当者名:井桁・草間

内線電話番号:3019
直通電話番号:048-830-3019
Email:a3010-08@pref.saitama.lg.jp

「彩の国埼玉環境大賞」は、環境保全や環境学習などに取り組む個人や団体、環境保全に貢献する製品の提供などを行う企業を表彰し、その功績を称えるものです。

SDGs※1や海洋プラスチック汚染問題への意識の高まりなどから、企業の環境問題に対する取組に大きな関心が寄せられています。そこで、令和2年度は新たに県民と事業者の両部門からそれぞれ大賞を選定します。

自薦・他薦は問いません。皆様の積極的な応募をお待ちしています。

参考資料(PDF:1,393KB)

1 応募対象

県内で活動する団体、県内に在住する個人、県内の事業者

(自薦、他薦は問いません。)

2 応募方法

所定の「応募用紙」に記入の上、活動内容をアピールする資料(A4・3ページ以内)を添付して埼玉県環境部環境政策課へお送りください。(郵送又は電子メール)

※詳細は、「彩の国埼玉環境大賞」ホームページを御覧ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0501/kankyoutaisyou-bosyuu.html 

3 応募締切

令和2年10月2日(金曜日)消印有効

4 表彰

県民部門   大賞 1組程度   優秀賞 7組程度   奨励賞

事業者部門   大賞 1組程度   優秀賞 3組程度   奨励賞

※奨励賞について、選定数の定めはありません。また、特別功労賞を選定する場合があります。

※受賞者は、彩の国埼玉環境大賞審査会による審査を経て知事が決定します。

※受賞者には、賞状及び副賞を贈呈します。

 

5 スケジュール(予定)

審査会:令和2年11月

受賞者決定:令和3年1月

表彰式: 令和3年2月

 

6 主催

埼玉県・株式会社テレビ埼玉・埼玉県地球温暖化防止活動推進センター

7 昨年度の受賞者

昨年度は、40組の応募者のうち、県民部門、事業者部門合わせて大賞1組、優秀賞9組、奨励賞5組、計15組が受賞しました。受賞者の活動内容はホームページで紹介しています。 

大賞1組

  • さいたま市みどり愛護会(さいたま市)

~長年にわたり身近な緑地の保全活動や環境教育を実施~

優秀賞9組

  • 熊谷市立久下小学校生物・ムサシトミヨ委員会(熊谷市)
  • 学校法人シモゾノ学園大宮国際動物専門学校(熊谷市・さいたま市)
  • 学校法人所沢文化幼稚園(所沢市)
  • 日本工業大学学生環境推進委員会(宮代町)
  • 八木橋孝雄(宮代町)
  • 田島洋輔(羽生市・久喜市)
  • サッポロビール株式会社(さいたま市)
  • 石坂産業株式会社(三芳町)
  • 株式会社タカヨシ(県内全域)

奨励賞5組

  • ふれあい市野川クリーンアップ作戦協議会(東松山市・吉見町)
  • 土淵昭(県内全域)
  • 株式会社エフテック(久喜市・毛呂山町)
  • 株式会社OKUTA(さいたま市・小川町)
  • 株式会社モード工芸(富士見市)

※敬称略。()内は主な活動地域。

 

※1SDGs

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。持続可能な世界を実現するための17のゴールから構成され、「つくる責任、つかう責任」、「海の豊かさを守ろう」など環境分野に関連した目標が多い。

県政ニュースのトップに戻る