トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年7月 > 令和元年度埼玉県消費生活相談年報まとまる~通信販売での定期購入に関する相談が倍増~

ページ番号:180626

発表日:2020年7月22日11時

ここから本文です。

県政ニュース

令和元年度埼玉県消費生活相談年報まとまる~通信販売での定期購入に関する相談が倍増~

部局名:県民生活部
課所名:埼玉県消費生活支援センター
担当名:相談担当
担当者名:黛

直通電話番号:048-261-0978
Email:m430877@pref.saitama.lg.jp

埼玉県及び県内市町村では、県民の皆様から消費生活に関する相談を受け付け、解決のためのアドバイスや事業者とのあっせんを行っています。

このたび、令和元年度に県及び県内市町村で受け付けた消費生活相談の内容をとりまとめた令和元年度埼玉県消費生活相談年報を作成しました。

受け付けた相談件数は53,997件で、前年度58,683件に比べ4,686件(8.0%)の減少となりました。

なお、年報はホームページに掲載しています。

https://www.pref.saitama.lg.jp/b0304/nenpou/

相談の概要

1 通信販売での定期購入に関する相談件数が2.1倍になりました。

  • 前年度1,803件に比べ1,916件(106.3%)増加し、元年度は3,719件の相談が寄せられました。特に、若者や男性からの相談が増加しています。
  • 「お試し」で注文したつもりが定期購入であったという相談、事業者と連絡が取れず解約できないという相談などが多数寄せられました。(⇒P35)

2 マルチ・マルチまがいに関する若者の相談が増加しています。

  • 29歳以下の若者からの相談が、前年度250件に比べ122件(48.8%)増加し、元年度は372件寄せられました。特に、成年年齢に達したばかりの若者に集中しています。
  • 扱っている商品は、バイナリーオプションなど投資関連の儲け話等の情報が主流となっています。(⇒P37)

3 新型コロナウイルスに関連する相談が多数寄せられました。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、令和2年1月から3月までの3か月間で487件の相談が寄せられました。
  • マスクに関する相談、旅行や結婚式の解約に関する相談などが寄せられました。(⇒P39)

相談窓口

  契約についておかしいなと感じたり、トラブルに巻き込まれてしまった場合には、すぐに、消費者ホットライン又は最寄りの消費生活支援センターに相談してください。

 

消費者ホットライン【全国共通】188いやや

地方公共団体が設置している身近な消費生活相談窓口をご案内します。

 

消費生活支援センター(川口)048-261-0999

消費生活支援センター熊谷 048-524-0999

【相談時間】月・火・水・木・金(※川口は土も受付)午前9時~午後4時

 

 

県政ニュースのトップに戻る