Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年7月 > 令和元年度大学・高校との連携による不当表示広告調査結果について

ここから本文です。

 

発表日:2020年7月13日11時

県政ニュース

令和元年度大学・高校との連携による不当表示広告調査結果について

部局名:県民生活部
課所名:消費生活課
担当名:事業者指導担当
担当者名:平田・荏原

内線電話番号:2932
直通電話番号:048-830-2934
Email:a2930-05@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、不当景品類及び不当表示防止法(以下「景品表示法」という。)に違反する表示・広告等に対する監視を強化するため、県内の大学、高校と連携して不当表示広告の調査を行っています。

また、県内では若年層の消費者トラブルが増加していることから、本調査を通じて次代を担う大学生、高校生の不当表示等に対する正しい知識の習得も目的としております。

令和元年度は、県内の1大学と6高校の協力を得た本調査を実施し、行政処分1件、行政指導25件を行いました。

埼玉県では大学生や高校生と協力した消費者行政の促進を今後も継続していきます。

 令和元年度不当表示広告調査結果

1 調査協力校

(1)大学

城西大学薬学部医療栄養学科

(2)高校

ア さいたま市立浦和高等学校

イ 埼玉県立大宮南高等学校

ウ 埼玉県立桶川西高等学校

エ 埼玉県立川越西高等学校

オ 埼玉県立所沢北高等学校

カ 昌平高等学校

2 調査対象

(1)調査対象商品

城西大学は食品表示に限定。

高校は特定の商品類の指定なし。

(2)調査対象媒体

ア 雑誌の掲載広告

イ 新聞紙上の掲載広告

ウ 新聞折込チラシ

エ フリーペーパーやミニコミ誌の掲載広告

オ インターネットの広告

カ スマートフォンの広告

キ 店頭の広告

3 調査結果

大学生105名、高校生1,359名、合計1,464名から調査報告書の提出があった。

(1)広告媒体別報告件数

広告媒体

報告件数

不当表示のおそれがあると思われる件数

スマートフォン

548

129

インターネット

507

125

新聞

250

98

折込チラシ

71

26

雑誌

39

14

店頭

19

4

フリーペーパー

9

3

その他

21

8

合計

1,464

407

 

(2)商品・サービス別報告件数

商品・サービス分類

報告件数

不当表示のおそれがあると思われる件数

ダイエット関係

635

104

美容関係

255

126

健康関係

224

85

一般食品関係※

45

16

開運関係

38

12

家電関係

29

3

学力関係

23

8

伸長関係

16

4

ゲーム関係

15

2

豊胸関係

6

2

寝具関係

5

2

不動産関係

1

0

その他

172

43

合計

1,464

407

※ダイエット、美容、健康関係の食品を除く

(3)事業者への対応

報告があった1,464件を事業者別に集計したところ、同一商品の重複により407事業者となった。

407事業者のうち、不当表示のおそれがあると思われる事業者数は208事業者であった。

県では、調査報告書を精査し、行政処分1件、行政指導25件を行った。

4 学生・生徒の指摘事項

商品分類

表示事例

学生・生徒の指摘事項

ダイエット

「高カロリー食を1日何食食べても、摂取したカロリーを0kalに変える。」

こういった効果がある場合、何らかの副作用が考えられるが、副作用について何も記載がないことが信じられない。

美容

「高級化粧品でも消えなかったクッキリほうれい線が、たった2週間でピント消えちゃいました!」

ほうれい線が2週間で消えてしまうということはあり得ないと思った。

健康

「食事前に1カプセル飲むだけで、糖質・脂質の吸収を抑えてくれる。」

飲むだけでそのような効果が得られるとは思えない。

開運

「今、成すべきことを教えてくれる石」

石をつけただけでこんな効果が得られるとは思えない。

学力

「最短1週間で英語がペラペラに!」

「英語がペラペラ」とは抽象的な表現なので、自分が思うように英語が話せるようになるのか不明。

その他

「リピート率94%(満足度)」

定期購入の商品で、2回目の受け取りが必須なのでリピート率が高くなるのは当たり前である。

 

※詳細な調査結果については、下記の消費生活課のホームページをご覧ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0310/jigyousyasido/01gakkourenkei.html

5 令和2年度の予定

令和2年度も本事業を継続して実施します。

現在ご協力いただける学校を募集しています。(締切:7月27日(月曜日))

※県立大宮南高等学校で令和2年7月29日(水曜日)に本調査を実施する予定があります。

県政ニュースのトップに戻る