トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年6月 > 埼玉県電気工事工業組合理事長が知事を表敬訪問します。-「住宅用太陽光発電サポート事業に関する協定」を全国で初めて締結 -

ページ番号:178364

発表日:2020年6月8日11時

ここから本文です。

県政ニュース

埼玉県電気工事工業組合理事長が知事を表敬訪問します。-「住宅用太陽光発電サポート事業に関する協定」を全国で初めて締結 -

部局名:環境部
課所名:エネルギー環境課
担当名:住宅等省エネルギー推進担当
担当者名:中山

内線電話番号:3068
直通電話番号:048-830-3068
Email:a3170-03@pref.saitama.lg.jp

本県では、家庭におけるCO2削減を進めるため、快晴日数日本一という特性を生かし、住宅用太陽光発電設備の推進に取り組んでいます。

今後も県民の皆様が太陽光発電を安心・安全に利用できるよう、県は埼玉県電気工事工業組合と「住宅用太陽光発電サポート事業に関する協定」を全国に先駆けて締結しました。

この協定は、住宅用太陽光発電や蓄電池の導入、点検・維持管理等に関する県民からの相談や太陽光パネルの廃棄・リサイクル等の検討など太陽光発電設備をめぐる諸課題について、県と埼玉県電気工事工業組合が幅広く連携し対応していくものです。

このたび、協定の締結を受けて、埼玉県電気工事工業組合理事長が知事を表敬訪問し、意見交換を行います。

表敬訪問の概要

(1)日時

令和2年6月10日(水曜日)14時30分から14時45分

(2)場所

知事応接室

(3)主な出席者

(埼玉県電気工事工業組合)

沼尻芳治(ぬまじりよしじ)埼玉県電気工事工業組合理事長ほか

(埼玉県)

大野元裕埼玉県知事

田村琢実県議会議長

小池要子環境部長

※主な出席者の氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字があるため、第1・第2水準の漢字で表記しているものがあります。

協定の概要

(1)名称

「住宅用太陽光発電サポート事業に関する協定書」

(2)目的

県と埼玉県電気工事工業組合が協働することにより、ライフサイクル全体を通した安心で安全な住宅用太陽光発電設備の利用を促進する。

(3)協定締結日

令和2年5月12日

(4)内容

県と埼玉県電気工事工業組合が連携し以下の取組を推進します。

(1)県民からの住宅用太陽光発電に関する以下の相談への適切な助言と対応

  • 太陽光発電設備や蓄電池の導入に関すること
  • 点検や維持管理に関すること
  • 設備の取り外しに関すること
  • 災害等により破損した設備の取り扱いに関すること

(2)太陽光パネルのリサイクル等の検討に関すること

※協定の詳細については、以下のホームページからご覧いただけます。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0503/taiyokohatsudensapoto.html

(5)参考情報

太陽電池モジュールリサイクル協議会

県では、将来的に大量排出が見込まれる使用済み太陽電池モジュールについて、関連事業者、研究機関及び行政機関等が連携し、処理体制の確立や新たなビジネスの創出を図ることを目的として「埼玉県太陽電池モジュールリサイクル協議会」を設置しています。

※協議会の詳細については、以下のホームページからご覧いただけます。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0506/pvrecycle.html

【参考 別紙(PDF:233KB)のとおり】

県政ニュースのトップに戻る