トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年5月 > 第14回「塙保己一賞」表彰候補者の募集を開始します

ページ番号:178022

発表日:2020年5月29日11時

ここから本文です。

県政ニュース

第14回「塙保己一賞」表彰候補者の募集を開始します

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:社会参加推進・芸術文化担当
担当者名:清水、露木

内線電話番号:3309
直通電話番号:048-830-3309
Email:a3310-06@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、本県出身の江戸時代後期の全盲の学者「塙 保己一」にちなみ、障害がありながらも社会的な活躍をしている方、障害のある方に対する支援等に貢献している方・団体を表彰しています。

平成19年度に創設し、これまでの13年間で40人11団体を表彰しました。

このたび、令和2年度、第14回塙保己一賞の募集を開始します。

・チラシ(表(PDF:3,125KB)裏(PDF:1,466KB)

1 賞の種類と対象者

(1)大賞(対象者:障害者本人)

日本国内に在住し活動する方で、社会的に顕著な活躍をしてきた方

(2)奨励賞(対象者:障害者本人)

日本国内に在住し活動する方で、今後さらに社会的な活躍が期待される45歳未満(令和2年4月1日現在)の方

(3)貢献賞(対象者:障害者の支援者、貢献者※障害の有無は問いません)

日本国内に在住し活動する個人・団体で、社会的に顕著な支援活動等を行ってきた個人・団体

(注)各賞とも、視覚障害以外の障害のある方も御応募いただけます。

2 応募方法

候補者調書及び推薦書に必要事項を記入の上、応募してください。

応募方法についての詳細は、次のホームページを御覧ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0604/hanawa/10bosyu.html

3 募集期間

令和2年6月1日(月曜日)から8月31日(月曜日)まで(当日消印有効)

4 選考方法

塙保己一賞選考委員会における選考を経て、知事が決定します。

5 表彰

令和2年12月19日(土曜日)に表彰式を開催する予定です。

受賞者には、表彰状と記念品を贈呈します。

6 主催等

主催

埼玉県

共催

本庄市、埼玉県教育委員会

後援

厚生労働省、文部科学省、公益社団法人温故学会、社会福祉法人全国社会福祉協議会、社会福祉法人日本身体障害者団体連合会、

社会福祉法人日本視覚障害者団体連合、社会福祉法人東京ヘレン・ケラー協会、社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会、

特定非営利活動法人埼玉県障害者協議会

(参考)塙保己一

1746年、現在の本庄市に生まれる。江戸時代後期に活躍した全盲の国学者。

全盲でありながら我が国の貴重な文献を収集、編纂した「群書類従」を出版するとともに、国学の研究の場として「和学講談所」を創設し多くの有能な弟子を育成した。

1821年2月、盲人社会の最高位である総検校につき、同年9月に生涯を閉じる。

県政ニュースのトップに戻る