トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年5月 > 株式会社パッシュが、売上げの一部を「こども食堂応援基金」等に寄附する取組を開始しました。

ページ番号:177566

発表日:2020年5月21日11時

ここから本文です。

県政ニュース

株式会社パッシュが、売上げの一部を「こども食堂応援基金」等に寄附する取組を開始しました。

部局名:福祉部
課所名:少子政策課
担当名:こどもの未来応援担当
担当者名:古川・齋藤

内線電話番号:3348
直通電話番号:048-830-3348
Email:kodomoouen@pref.saitama.lg.jp

株式会社パッシュは、新型コロナウイルスによる不要不急の外出自粛要請から増加している「動画によるコミュニケーション」の質を高めるため、「人と社会を繋ぐ動画ワンストップスピード作成サービス」を開始し、その売上げの一部を寄附する取組を開始しました。

同社は、感染リスクを最小限に抑えながら、映像を活用した質の高い情報伝達を通じて、感染症拡大下における社会・経済活動の継続に貢献するとともに、その売上げの一部を寄附することで、コロナ禍で活動を続ける子ども食堂等の活動の一助としたいとして、この取組を始めます。

寄附先は、埼玉県社会福祉協議会に設置されている「こども食堂応援基金」、埼玉県内の子ども食堂の運営者で構成する「埼玉県子ども食堂ネットワーク」です。

なお、この取組は、「こども応援ネットワーク埼玉」の趣旨に賛同した同社がこのたび団体会員に加入し、会員活動の一環として実施するものです。

埼玉県は、同社と寄附先とのマッチングを行いました。

参考 別紙(PDF:862KB)のとおり

1 寄附先

寄附先(1)

こども食堂応援基金(設置先:埼玉県社会福祉協議会)

寄附金は、子ども食堂等の子供の居場所づくり実施団体の支援に活用されます。

寄附先(2)

埼玉県子ども食堂ネットワーク(埼玉県内の子ども食堂で構成する任意団体)

現在、県内の子ども食堂のうち約70団体が、不定期でお弁当の配布を実施しています。

 

2 参考

こども応援ネットワーク埼玉とは

貧困の連鎖解消に向けた社会貢献活動を主体的に行う団体・個人のネットワークとして埼玉県が発起人とともに2018年12月に立ち上げたもので、会員数は現在387(令和2年5月21日現在)。

事務局である埼玉県は、社会貢献活動等の対象となる支援先に関する情報提供やマッチングを行うなど、社会貢献活動を推進しやすい環境づくりを行っている。

会員自らが個々の得意分野を生かし自発的に社会貢献活動を行うことで子供の居場所づくりなどの子供支援活動を推進し、すべての子供たちがチャンスと希望を持てる社会を目指す。

 

3 お問い合わせ

株式会社 パッシュ

代表取締役 田中達晃

電話:090-3918-1940

e-mail:tanaka@t-pash.com

埼玉県 福祉部 少子政策課

こどもの未来応援担当 古川、齋藤

電話:048-830-3348

e-mail:kodomoouen@pref.saitama.lg.jp

県政ニュースのトップに戻る