トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年5月 > 新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望をしました

ページ番号:177294

発表日:2020年5月12日18時

ここから本文です。

県政ニュース

新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望をしました

部局名:企画財政部
課所名:企画総務課
担当名:地方分権・政府要望担当
担当者名:大山・陸名

内線電話番号:2107
直通電話番号:048-830-2124
Email:a2110-01@pref.saitama.lg.jp

県民の皆様の御協力とともに、国と一体となって感染拡大の防止等に全力で取り組んでいくため、大野知事が西村経済再生担当大臣及び加藤厚生労働大臣に対して、新型コロナウイルス感染症対策の適切かつ迅速な対応をお願いしました。

具体的には、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」の拡充、「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金」の拡充・改正、治療薬の確保とワクチン等の開発の推進などを要望しました。

1 経済再生担当大臣 西村 康稔(にしむら やすとし) (新型コロナウイルス感染症対策担当)に対する要望

(1)要望日時

令和2年5月12日(火曜日)11時05分~11時15分

※Web会議システムを利用して要望を行いました

(2)要望者

埼玉県知事 大野 元裕(おおの もとひろ)

(3)要望内容

別添のとおり(PDF:210KB)

(4)要望に対する大臣のコメント

交付金については、状況をみながら臨機応変に対応できるよう考えていきたい。

国民の皆さんの命、暮らし、生活を守り、知事とも連携しながら、しっかりと責任を果たしていきたい。

2 厚生労働大臣 加藤 勝信(かとう かつのぶ)に対する要望

(1)要望日時

令和2年5月12日(火曜日)16時10分~16時25分

※Web会議システムを利用して要望を行いました

(2)要望者

埼玉県知事 大野 元裕(おおの もとひろ )

(3)要望内容

別添資料のうち、厚生労働省に関する要望項目(2・3)(PDF:210KB)

(4)要望に対する大臣のコメント

医療機関等に対し、診療報酬の見直しや包括支援金の活用などで支援してまいりたい。

治療薬の特例承認について、知事の思いと同じで、薬が必要な患者にしっかり届けられるように対応していきたい。

3 要望内容に関する問い合わせ先

(1)「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」の拡充等

企画財政部財政課交付税担当 主査 内山

直通 048-830-2163

代表 048-824-2111 内線 2149

(2)「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金」の拡充・改正

保健医療部保健医療政策課 副課長 嶋田

直通 048-830-3229

代表 048-824-2111 内線3527

(3)治療薬の確保とワクチン等の開発の推進

保健医療部薬務課総務・温泉・薬事相談担当 主幹 小林

直通 048-830-3624

代表 048-824-2111 内線 3624

(4)学びの保障の拡充

教育局教育総務部財務課 副課長 我妻

直通 048-830-6635

代表 048-824-2111 内線 6635

 

県政ニュースのトップに戻る