トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年4月 > 「学校地域WIN-WINプロジェクト」実践研究校の指定について

ページ番号:176884

発表日:2020年4月30日11時

ここから本文です。

県政ニュース

「学校地域WIN-WINプロジェクト」実践研究校の指定について

部局名:教育局
課所名:生涯学習推進課
担当名:地域連携担当
担当者名:藤井

内線電話番号:6979
直通電話番号:048-830-6979
Email:a6975-05@pref.saitama.lg.jp

県教育委員会では、学校教育に活用できる地域の人的・物的資源(企業・NPO・地域人材)の力を発掘し、地域と学校をつなげることで、生徒たちが実社会からの学びを充実するとともに、学校の力を地域に活かす取組『「学校地域WIN-WINプロジェクト」事業』を平成30年度から始めました。

この度、今年度、事業を牽引していく実践研究校5校を指定しましたので、お知らせします。今後、学校と地域が連携しながら、学校・地域の双方が「WIN-WIN」となるような取組を実践していくとともに、当該校による発表の場を設けるなどして、広く周知してまいります。 

1 実践研究校(令和2年度:5校)

学校名

プロジェクト名

概要

 

県立小鹿野高校

小鹿野高校魅力化プロジェクト~地域を照らし、心も照らす~

小鹿野町等と連携し、町の課題解決につながる取組を行うことにより、生徒の自己有用感の醸成を図ります。

 

県立春日部女子高校

SDGsを軸にした地域企業・団体との連携・課題解決

国内外の企業や団体と連携し、自ら課題を見付け解決する能力の育成を図ります。

 

県立坂戸高校

総合的な探究

-SDGsとともに-

外部組織(企業、自治体、NPO等)と連携し、諸活動を通して自ら考え行動する学習者を育成します。

 

県立不動岡高校

SDGsの視点を加えた地域課題研究

JICA等と連携し、SDGsの視点を取り入れ地域課題研究を深化させます。

 

県立本庄特別支援学校

教育活動における、学習支援機器の開発及び活用

大学等と連携し、プログラミング教材を開発することで、指導・支援の充実化を図ります。

2 事業手法

(1)県教育局に学校と地域をつなぐ窓口を設置して、学校・地域の双方が「WIN-WIN」となるような取組の提案を随時募集するとともに、教育局で学校教育に活用できる地域の資源を発掘する。

(2)学校や地域のニーズに応じて、教育局の職員が学校・地域の両者のマッチング・コーディネートを行う。

(3)学校・地域・教育局で具体的な活動の内容を調整し、学校において、地域の力を活用した取組や学校の力を地域で生かす取組を実践する。

3 「学校地域WIN-WINプロジェクト」について

以下のページで平成30年度、令和元年度の実践報告書を掲載しています。

URL : https://www.pref.saitama.lg.jp/f2215/win-win/top.html

県政ニュースのトップに戻る