トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2021年2月 > 県政サポーターアンケート結果「生涯学習活動について」

ページ番号:193886

発表日:2021年2月18日11時

ここから本文です。

県政ニュース

県政サポーターアンケート結果「生涯学習活動について」

部局名:教育局
課所名:生涯学習推進課
担当名:生涯学習・社会教育担当
担当者名:島田

内線電話番号:6914
直通電話番号:048-830-6914
Email:a6975-03@pref.saitama.lg.jp

第65回県政サポーターアンケート「生涯学習活動について」の結果がまとまりました。

このアンケートでは、生涯学習活動の経験の有無や満足度等の「生涯学習活動」に関する意識について調査しました。

1 アンケート調査の概要

○調査時期:令和2年11月13日(金曜日)から11月24日(火曜日)

○調査方法:インターネット(アンケート専用フォームへの入力)による回答

○対象者:県政サポーター(3,336人)(内、県内在住(3,073人))

○回収率:67.4%(回収数2,247人)(内、県内在住67.2%(回答数2,066人))

 

※「生涯学習活動について」の調査結果は、県内在住サポーターの回答をもとに算出

 

※調査結果の詳細は、下記URLのホームページから御覧いただけます。

http://www.pref.saitama.lg.jp/f2215/r2anketo-kekka.html

2 主な調査結果

(1)過去1年間に取り組んだ「生涯学習活動」について

→取り組んだ生涯学習活動の内容は、

・趣味に関するもの(32.9%)

・スポーツ・健康に関するもの(32.2%)

・教養的なもの(29.3%)等

 

 →経験した方の満足度は、

75.1%が「満足(満足21.7%・どちらかといえば満足53.4%の計)」と回答

 

→生涯学習活動をしていない理由は、

・仕事が忙しくて時間がない(37.6%)

・新型コロナウイルスの影響(21.9%)

・きっかけがつかめない(20.1%)等

 

(2)「生涯学習活動」を通じて学んだ知識や技能、経験等を生活や仕事に生かしていると思うか

→生活や仕事に生かしていると思うは、

63.0%が「思う(思う23.4%・どちらかといえば思う39.6%の計)」と回答

 

→「生涯学習活動」の生かし方は、

・人生が豊かになっている(67.5%)

・健康の維持・増進(49.0%)

・家庭や日常の生活(44.2%)等

 

(3)どのような場所や形態で「生涯学習活動」の機会が増えればよいか

→増えればよいと思う生涯学習活動の機会は、

・公民館など公的な機関における講座や教室(52.8%)

・インターネット(37.8%)

・学校(高等学校、大学、大学院、専門学校など)の講座や教室(32.7%)等

 

※複数回答の質問の場合、それぞれの回答比率の合計が100%を超える場合があります。

 

【参考】

県政サポーターの概要

1 県政サポーターとは

インターネットを活用して県政の課題についてサポーターの皆さんからご意見をお聴きし、県政に反映させるため、「県政サポーター」を募集し、県政の課題に関するインターネットアンケートへの回答をお願いしています。

2 県政サポーターの資格

満16歳以上で、インターネットのブラウザの閲覧及びメールの利用を日本語でできる人(ただし、議員、首長、常勤の埼玉県職員は除きます。)

3 県政サポーターの仕事内容

○インターネットを利用したアンケートへの回答(年間20回程度)

○電子メールを活用した県政に対する「サポーターの提言」の提出 (任意)等

【サポーター募集のページ】

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/supporter/supporter-oubo.html

→検索 埼玉県県政サポーター応募

報道発表資料(ダウンロードファイル)

県政ニュースのトップに戻る