トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2021年1月 > 令和2年労働組合基礎調査結果(埼玉県)について-労働組合数は7年連続の減少-

ページ番号:190470

発表日:2021年1月28日11時

ここから本文です。

県政ニュース

令和2年労働組合基礎調査結果(埼玉県)について-労働組合数は7年連続の減少-

部局名:産業労働部
課所名:雇用労働課
担当名:勤労者支援担当
担当者名:吉田、加瀬

内線電話番号:4515
直通電話番号:048-830-4515
Email:a4510-04@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、このたび、令和2年6月30日現在の県内の労働組合数及び組合員数を取りまとめました。この調査は、県内の全ての労働組合を対象に、組合員数の状況等について毎年実施しているものです。 

調査結果の特徴

  • 県内の労働組合数は1,622組合で、7年連続の減少となり、前年より40組合(2.4%)減少した。
  • 労働組合員数は355,327人で、前年より8,241人(2.3%)減少した。
  • 産業別では、製造業が513組合、組合員数87,690人で、ともに全業種中最多となった。
  • パートタイム労働者の労働組合員数は63、101人で、前年より2,248人(3.4%)減少し、県内の全労働組合員数に占める割合は17.8%で、前年より0.2ポイント低下した。
  • 推定組織率は13.6%で、前年より0.1ポイント低下した。

調査の概要

県政ニュースのトップに戻る