トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2021年1月 > 産民学官・政策課題共同研究成果発表会をオンライン開催-SDGsの視点から公民連携によるソーシャルビジネスを考える-

ページ番号:189546

発表日:2021年1月15日11時

ここから本文です。

県政ニュース

産民学官・政策課題共同研究成果発表会をオンライン開催-SDGsの視点から公民連携によるソーシャルビジネスを考える-

課所名:彩の国さいたま人づくり広域連合
担当名:政策管理部
担当者名:三上・岩田

直通電話番号:048-664-6685
Email:jinzai03@hitozukuri.or.jp

彩の国さいたま人づくり広域連合では、県や市町村が直面する政策課題について、「産民学官・政策課題共同研究」を実施しています。今年度は「SDGsの視点から公民連携によるソーシャルビジネスを考える」をテーマとして、公募による研究員が昨年の6月から研究に取り組んでまいりました。

このたび研究成果がまとまりましたので、研究成果発表会を開催し、政策提言を行います。発表会では有識者による基調講演やトークセッションも実施します。

たくさんの方の御参加をお待ちしております。(参加費無料、オンライン開催) 

1 日時

令和3年2月10日(水曜日)午後1時30分から午後4時20分

オンライン開催(ZOOM)

募集人数:一般向け30名程度、先着順・参加費は無料

(行政関係を含め全体の定員は100名)

2 内容

(1)基調講演・トークセッション

テーマ『地域の統合的問題解決力を高める-地域版SDGsの進め方』

講演講師:佐藤 真久 氏(東京都市大学大学院 環境情報学研究科 教授)

ソーシャルビジネス実践者:根崎 由美 氏(令和2年度共同研究研究員)

(埼玉県・専門家ボランティア共助仕掛人)

(一般社団法人まんまる結び/NPO法人うりんこくらぶ  代表理事)

モデレーター:坂本 文武 氏(共同研究コーディネーター)

(社会情報大学院大学教授) 

(2)産民学官・政策課題共同研究の成果発表

テーマ『SDGsの視点から公民連携によるソーシャルビジネスを考える-活力ある地域社会の実現に向けて』

研究員:県・市町村・民間企業等からの公募メンバーで構成された20名

コーディネーター:坂本 文武 氏

(社会情報大学院大学  教授/一般社団法人Medical Studio事務局長)

3 申込方法・申込期限

(1)申込方法

参加を希望される方はホームページからお申込みください。

ホームページ:http://www.hitozukuri.or.jp/jinzai/seisaku/seisaku.htm

(2)申込期限

令和3年2月4日(木曜日)先着順のため、定員に達し次第締め切ります。

4 お問合せ

彩の国さいたま人づくり広域連合政策管理部政策研究担当

メール:jinzai03@hitozukuri.or.jp

TEL:048-664-6685

FAX:048-664-6667

5 昨年度の政策研究成果発表会の様子

実施日:令和2年2月14日(金曜日)
210114-0401

6 今年度の政策研究交流会の様子(オンライン)

実施日:令和2年11月16日(月曜日)

210114-0402

県政ニュースのトップに戻る