トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2021年1月 > 「上尾の摘田・畑作用具」の国重要有形民俗文化財指定について

ページ番号:189375

発表日:2021年1月15日17時

ここから本文です。

県政ニュース

「上尾の摘田・畑作用具」の国重要有形民俗文化財指定について

部局名:教育局
課所名:文化資源課
担当名:指定文化財担当
担当者名:内田

内線電話番号:6987
直通電話番号:048-830-6981
Email:a6910-04@pref.saitama.lg.jp

国の文化審議会(会長:佐藤信)は、令和3年1月15日(金曜日)開催の同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、上尾市の「上尾の摘田つみた ・畑作用具」を、国重要有形民俗文化財に指定するよう、文部科学大臣に答申を行いました。

この結果、近日中に行われる官報告示を経て、重要有形民俗文化財に指定されます。これにより、県内の重要有形民俗文化財は9件となります。

上尾市の文化財の国指定は、今回が初めてです。

なお、今回の指定に伴い、現在の国登録有形民俗文化財「上尾の摘田・畑作用具」(521点)は登録解除となります。

1 「上尾の摘田・畑作用具」について

 

(1)所在地:上尾市本町3-1-1

 

(2)所有者:上尾市(上尾市文化財資料室保管)

 

(3)点数と内訳:750点(摘田用具:405点、畑作用具345点)

(4)文化財の概要

「上尾の摘田・畑作用具」は、埼玉県上尾市域の台地部において行われた、稲の直播き栽培である摘田と、麦やサツマイモなどの畑作に使用された農耕用具の資料群です。所有者である上尾市が昭和55年から収集を進めて来たもので、摘田用具、畑作用具共に、耕起から脱穀調整までの一連の作業に使われた用具が揃っています。

本件は、台地上の農業経営や畑作地域における稲作の地域的な様相を知ることができる資料群であり、我が国の稲栽培や農耕文化の変遷を理解する上で重要であると評価され、今回の答申となりました。

上尾市域の摘田と畑作

摘田とは、田植えを行わず、直播きした種籾を育てる稲作法で、かつて関東地方や九州地方に分布し、関東地方では用水が整備されていない台地辺縁部の谷の低湿地で行われてきました。中でも上尾市を含む大宮台地辺縁部は分布の中心であり、かつ昭和40年頃と最も遅くまで摘田が行われていた地域でもありました。

一方、大宮台地上の農業は畑作が中心で、主要作物は秋から春にかけて栽培される大麦・小麦で、他に、春から秋にかけてサツマイモ、陸稲、大豆などが栽培されていました。

主な用具

収集された用具は、明治時代から昭和30年代にかけて使用されたものです。

摘田用具は、田作りの作業の際に畔を成形したハバタ、土中に残る稲の切株を崩したキッコシマンノウ、種籾を藁灰と混ぜ合わせる種づくりに用いたハイブルイ、田摘みの作業の前に目印となる筋を付けたノタクリ、種籾を入れた一斗五升ザル、除草に用いたアヒルやタコスリ、湿田での収穫に用いたタブネやカンジキ、脱穀に用いたカナゴキ、選別調整に用いたトウミやマンゴクドオシなどが含まれています。

畑作用具は、麦作に使用した用具が中心であり、畑の耕起に用いたエンガやジンリキマンノウ、播種に用いた手押しのタネマキキ、麦の株間の土入れに用いたジョレン、収穫に用いたカマ、脱穀に用いたクルリボウやムギウチキなどが含まれています。

重要有形民俗文化財について

(1)有形民俗文化財とは

有形民俗文化財とは、衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗慣習、民俗芸能、民 俗技術に用いられる衣服、器具、家屋その他の物件で、我が国民の生活の推移の理解のため欠くことのできないものである。

(2)埼玉県の国指定重要有形民俗文化財(8件)

  1. 秩父祭屋台(ちちぶまつりやたい)【秩父市・昭和37年指定】
  2. 秩父の山村生産用具(ちちぶのさんそんせいさんようぐ)【皆野町・昭和42年指定】
  3. 荒川水系の漁撈用具(あらかわすいけいのぎょろうようぐ)【皆野町・昭和46年指定】
  4. 東秩父及び周辺地域の手漉和紙の製作用具及び製品(ひがしちちぶおよびしゅうへんちいきのてすきわしのせいさくようぐおよびせいひん)【東秩父村・昭和50年指定】
  5. 木曽呂の富士塚(きぞろのふじづか)【川口市・昭和55年指定】
  6. 北武蔵の農具(きたむさしののうぐ)【さいたま市・昭和58年指定】
  7. 行田の足袋製造用具及び関係資料(ぎょうだのたびせいぞうようぐおよびかんけいしりょう)【行田市・令和2年指定】
  8. 志木の田子山富士塚(しきのたごやまふじづか)【志木市・令和2年指定】 

【問い合わせ先】

文化財の指定に関すること

県教育局文化資源課指定文化財担当

電話 048-830-6981(内線6987)

「上尾の摘田・畑作用具」に関すること

上尾市教育委員会生涯学習課文化・文化財保護担当

電話 048-775-9496(直通)

県政ニュースのトップに戻る