トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年12月 > 県立大宮工業高校ラジオ部が第8回ものづくり日本大賞「青少年部門(高等学校・中学校等クラス)」で内閣総理大臣賞の受賞決定!

ページ番号:170840

発表日:2019年12月27日14時

ここから本文です。

県政ニュース

県立大宮工業高校ラジオ部が第8回ものづくり日本大賞「青少年部門(高等学校・中学校等クラス)」で内閣総理大臣賞の受賞決定!

部局名:教育局
課所名:高校教育指導課
担当名:産業教育・キャリア教育担当
担当者名:髙橋・四宮

内線電話番号:6772
直通電話番号:048-830-6772
Email:a6760@pref.saitama.lg.jp

  県立大宮工業高等学校ラジオ部が、モデルロケット製作と国際大会での上位入賞の活躍を受けて、第8回ものづくり日本大賞(「ものづくりの将来を担う高度な技術・技能」分野「青少年部門(高等学校・中学校等クラス)」)において内閣総理大臣賞を受賞することが決定しました。

1 受賞名

第8回ものづくり日本大賞(内閣総理大臣賞)

2 受賞案件

(1)案件名

・2017年モデルロケット国際大会 世界2位

・2018年モデルロケット国際大会 世界3位

(2)案件の概要

宮工業高校ラジオ部は、モデルロケット製作及び競技大会での上位入賞の活躍が認められ、2016年のロケット甲子園で大会新記録を収めて優勝しました。この結果により2017年フランスで開催されたモデルロケット国際大会(IRC:International Rocketry Challenge)に日本代表として出場し、世界第2位を獲得しました。また、翌年の2017年のロケット甲子園では2連覇を達成し、2018年のIRCに2年連続出場し世界第3位の成績を収めました。これらの活躍により、今回の受賞が決定しました。

3 その他

「ものづくり日本大賞」は、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、「ものづくり」に携わっている各世代の人材のうち、特に優秀と認められる人材を顕彰するものです。

県政ニュースのトップに戻る