トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 第10回埼玉県障害者アート企画展「Knock art 10-芸術は無差別級-」を開催!

ページ番号:169062

発表日:2019年11月29日14時

ここから本文です。

県政ニュース

第10回埼玉県障害者アート企画展「Knock art 10-芸術は無差別級-」を開催!

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:社会参加推進・芸術文化担当
担当者名:清水・内田

内線電話番号:3312
直通電話番号: 048-830-3312
Email:a3310-03@pref.saitama.lg.jp

  障害のある方の創り出す作品は、芸術性・創造性にあふれるものが数多くあります。

  このたび、県内作家の選りすぐりの作品を展示する「第10回埼玉県障害者アート企画展-Knock art 10-」を開催します。

  今回の出展作家数は過去最大の135名。これまでの常識を覆すインパクトある作品が、皆さまの心をノックアウトします。

  皆さまの御来場、お待ちしています。

1 開催概要

(1)会期

令和元年12月4日(水曜日)から12月8日(日曜日)まで

各日とも10時から17時まで

(2)会場

埼玉県立近代美術館一般展示室1・2

埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1(JR北浦和駅 西口 徒歩3分)

(3)費用

入場無料

(4)展示作品について

県内約650名の作家から選考し、135名の作家による約300点を展示

2 関連企画

(1)開会記念テープカットセレモニー

企画展の開会を祝し、テープカットセレモニーを行います。

出展作家も参加予定です。

[日程]令和元年12月4日(水曜日) 10時から

[会場]埼玉県立近代美術館 一般展示室1・2

[費用等]入場無料・申込不要

(2)埼玉県障害者アート企画展10周年特別講演「障害者アートの魅力と可能性」

アーティスト活動や展覧会のキュレーション、障害者アートのサポートなど国内外で活躍中の中津川 浩章 氏に、障害者アートの魅力や特徴、現代アートとの比較などを具体的に分かりやすくお話しいただきます。

[日程]令和元年12月4日(水曜日) 14時から16時(開場13時30分)

[講師]中津川 浩章 氏(美術家・キュレーター)

[会場]埼玉県立近代美術館 講堂

[定員]先着100名(無料・申込不要)

(3)アーティストトーク

出展作家や支援者が作品の"想い"を語ります。

[日程]令和元年12月6日(金曜日)、7日(土曜日) 11時から

[会場]埼玉県立近代美術館 一般展示室1・2

[費用等]入場無料・申込不要

(4)ギャラリートーク

本企画展キュレーターの中津川 浩章 氏と新潟市美術館館長の前山 裕司 氏が、展覧会の見どころ、作品の見方、楽しみ方、障害者アートの魅力や可能性をお話しします。

[日程]令和元年12月8日(日曜日) 10時から

[会場]埼玉県立近代美術館 一般展示室1・2

[費用等]入場無料・申込不要

3 主催等

(1)主催

埼玉県障害者アートネットワークTAMAP±0、社会福祉法人みぬま福祉会

(2)共催

埼玉県

(3)協力

埼玉県障害者アートフェスティバル実行委員会、

アートセンター集協力委員、con*tio

(4)後援(予定)

JR東日本大宮支社

さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、東松山市、春日部市、鴻巣市、上尾市、戸田市、新座市、久喜市、三郷市、蓮田市、日高市、吉川市、白岡市、嵐山町、皆野町

(5)キュレーション

中津川 浩章 氏

 

【参考:チラシ(PDF:2,727KB)

県政ニュースのトップに戻る