Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 第10回埼玉県障害者アートフェスティバル企画 彩の国バリアフリーコンサート『躍動するリズム』を開催!

ここから本文です。

 

発表日:2019年11月19日14時

県政ニュース

第10回埼玉県障害者アートフェスティバル企画 彩の国バリアフリーコンサート『躍動するリズム』を開催!

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:社会参加・芸術文化担当
担当者名:清水・内田

内線電話番号:3312
直通電話番号:048-830-3312
Email:a3310-03@pref.saitama.lg.jp

障害のある方もない方も一緒に、クオリティの高い音楽を気軽に鑑賞できる彩の国バリアフリーコンサート。今年度は『躍動するリズム』と題し、2組のアーティストにより、ジャズと和太鼓の演奏をお楽しみいただけます。

今回は初めて、聴覚に障害のある方の鑑賞をサポートするために、体感型音響システム「ボディソニック」を導入しました。

楽しい休日のひと時を、家族や友人、恋人などと御一緒にお過ごしください。

1 「彩の国バリアフリーコンサート『躍動するリズム』」の概要

(1)日程

令和2年2月15日(土曜日)午後2時30分開演(午後2時開場)

(2)会場

彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

(3)プログラム

[第1部]

小林陽一&JJM ジャパニーズジャズ メッセンジャーズ2020

(モダンジャズクインテット)

(小林陽一(ds)櫻井智則(ts)マイク・ザチャーナック(tp)リン・ヘイテツ(pf)安田幸司(b))

[第2部]

片岡亮太(和太鼓奏者/パーカッショニスト/社会福祉士)

(ゲスト) 山村優子(ジャズ・フレンチホルン奏者/作曲・編曲家)

2 鑑賞に当たっての障害のある方向けサポート

(1)手話通訳、要約筆記

(2)聴覚障害者用ヒアリングループ

(3)体感型音響システム「ボディソニック」(今回初の導入)

(4)車椅子席の増設

3 チケット

(1)発売

令和元年11月23日(土曜日)午前10時~

(2)料金

全席指定  一般1,000円  障害者及びその介助者500円

※障害のある方は、入場時に障害者手帳をご用意ください。

※車いすでご来場の方、「ボディソニック」をご希望される方はチケット購入時に必ずお申出ください(「ボディソニック」は上限あり。)

※未就学児の膝上鑑賞は無料。座席を利用する場合は有料。

(3)取り扱い

SAFチケットセンター 0570-064-939(休館日を除く午前10時~午後7時)

窓口彩の国さいたま芸術劇場、埼玉会館(休館日を除く午前10時~午後7時)

PC  http://saf.or.jp

携帯  http://saf.or.jp/mobile

4 主催等

(1)主催

埼玉県障害者アートフェスティバル実行委員会

(2)協力

パイオニア株式会社

(3)共催

彩の国さいたま芸術劇場(公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団)

埼玉県障害者交流センター(社会福祉法人埼玉県社会福祉事業団)

(4)協賛

一般社団法人埼玉県経営者協会、一般社団法人生命保険協会埼玉県協会

株式会社埼玉りそな銀行、株式会社武蔵野銀行、埼玉縣信用金庫

(参考1)第10回埼玉県障害者アートフェスティバル

害のある方の創作活動における「芸術性」「創造性」にスポットライトを当て、障害者アートの魅力を広く発信する事業。第1回は平成21年度。

(参考2)出演者プロフィール

小林陽一&JJM ジャパニーズ ジャズ メッセンジャーズ2020

1976年小林陽一がプロのジャズドラマーとして初めて演奏。バンド名が小林陽一クインテット。2000年にNYにてアートブレイキーレガシーコンサートに招かれバンド名を小林陽一&Japanese Jazz Messengersとブレイキー財団に命名される。2020年でクインテット結成44年目、ビーバップを基本とするが2000年代のエッセンスも加えるモダンジャズクインテット。

 

片岡亮太(和太鼓奏者/パーカッショニスト/社会福祉士)

1984年生まれ。静岡県三島市出身。 11歳の時に盲学校の授業で和太鼓と出会う。2007年上智大学文学部社会福祉学科首席卒業、社会福祉士の資格取得。プロ奏者としての活動を開始。2011年ダスキン愛の輪基金「障害者リーダー育成海外研修派遣事業」第30期研修生として1年間渡米し、ニューヨークにてライブパフォーマンスや、コロンビア大学内の教育学専攻大学院ティーチャーズ・カレッジにて障害学を学ぶなど研鑽を積む。在米中、ジャズホルン奏者で作曲家の山村優子と出会い、デュオ「Ajarria(アジャーリア)」を結成。2014年静岡県立沼津視覚特別支援学校評議員に就任。2017年筑波大学附属視覚特別支援学校音楽科非常勤講師に就任。邦楽打楽器(和太鼓、小鼓他)を仙堂新太郎、大太鼓をはせみきた、パーカッションをヴァンダレイ・ペレイラ各氏より師事。

 

県政ニュースのトップに戻る