トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年10月 > 豚コレラ発生に伴う感染拡大防止対策について

ページ番号:167651

発表日:2019年10月31日18時

ここから本文です。

県政ニュース

豚コレラ発生に伴う感染拡大防止対策について

部局名:農林部
課所名:畜産安全課
担当者名:丸山

内線電話番号:4189
直通電話番号:048-830-4189
Email:a4170@pref.saitama.lg.jp

部局名:農林部
課所名:農業支援課
担当者名:戸井田

内線電話番号:4051
直通電話番号:048-830-4051
Email:a4040-05@pref.saitama.lg.jp

1  本県における豚コレラワクチン接種の開始について

家畜伝染病予防法第6条第1項の規定に基づき、豚コレラワクチンの接種について、次のとおり開始します。

(1)開始時期

11月1日(金曜日)から実施

(2)接種区域

埼玉県内全域

(3)接種の対象

県内で飼育している豚及びイノシシ(県内137施設)

※ペットや動物園で飼育している豚等も対象

(4)接種の進め方

  豚コレラが発生した地域、豚コレラに感染したイノシシが確認された地域、野生イノシシが多く生息する地域など、感染リスクの高い地域(秩父地域、児玉地域、大里地域、比企地域、入間地域)から接種を開始。

  全農場が1回目のワクチン接種(初回接種)を終了するのは2月上旬予定。

(5)初回接種頭数

約8万頭

2  豚コレラ発生に伴う野生イノシシ対策の拡充について

(1)野生イノシシへの経口ワクチン散布

豚コレラ感染拡大防止策の一つとして、ウイルスの拡散防止を目的に野生イノシシへの経口ワクチン散布を次のとおり寄居町で実施します。

1.経口ワクチン散布の概要

○実施日:11月1日(金曜日)〈荒天延期〉

○場所:寄居町内10か所  計200個

           ワクチンは、野生イノシシが生息する林縁部等の土中に埋めます。

2.散布後の対応

散布して5日後にワクチンを回収、10日後から野生イノシシを捕獲して、ワクチンの摂取状況を確認します。

3.その他

経口ワクチンは、国の食品安全委員会で安全と評価された成分や食品からできており、人体に安全であると評価されています。

 

(2)野生イノシシの捕獲重点エリアの拡大

  埼玉県では、豚コレラまん延防止を図るとともに、ウイルス浸潤状況を確認するため、野生イノシシの捕獲重点エリアを設定し、捕獲強化をしています。

  このたび、次のとおりエリア拡大します。

1.捕獲重点エリアの拡大

地域

市町村

既に設定している地域

(発生農場から10km圏内

及び周辺の市町村)

9市町村:

秩父市、飯能市、本庄市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村、神川町

今回拡大する地域

14市町:

熊谷市、東松山市、深谷市、入間市、日高市、

毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、鳩山町、

ときがわ町、美里町、寄居町

合計

23市町村

2.見直しの経緯

  9月13日、秩父市の養豚場で豚コレラが発生したことを受け、埼玉県では国の「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」及び「豚コレラまん延防止のための野生イノシシの捕獲の強化について(通知)」に基づき、発生農場から半径10km圏内及び周辺の市町村を捕獲重点エリアと位置付け捕獲強化を図ってきたところです。

  しかし、9月20日、秩父市内で死亡している野生イノシシからのウイルス検出から始まり、10月11日には上述の豚コレラ発生農場から10km以上離れた本庄市内の養豚農場においても豚コレラの発生が確認されるなど、豚コレラの急速な感染拡大が確認されました。

  このことから、県では豚コレラまん延防止のため、捕獲重点エリアを広げることとしました。

報道機関へのお願い

豚コレラ感染防止対策(ワクチン接種、経口ワクチン散布及び野生イノシシ捕獲等)に係る現地取材は、防疫上の観点から豚コレラのまん延を引き起こす恐れがあるため、御遠慮いただきますようお願いいたします。

豚コレラは、豚、イノシシの病気であり、人に感染することはありません。

また、豚コレラワクチンを接種した豚の肉を食べても、人の健康に影響はありません。

<問い合わせ>

  • 豚コレラワクチン接種に関すること

            農林部畜産安全課  総務・畜産企画担当(048-830-4189)

  • 野生イノシシへの経口ワクチン散布に関すること

            農林部農業支援課  規参入支援担当(048-830-4051)

  • 野生イノシシ捕獲重点エリアに関すること

            農林部農業支援課  普及活動担当(048-830-4047)

  • 野生イノシシ、捕獲のうち狩猟者に関すること

           環境部みどり自然課 野生生物担当(048-830-3143)

県政ニュースのトップに戻る