トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年10月 > 県立不動岡高校  小学生との交流事業の実施について  本校生徒がバレーボールと野球を通じて地元小学生と交流を図ります

ページ番号:167450

発表日:2019年10月29日14時

ここから本文です。

県政ニュース

県立不動岡高校  小学生との交流事業の実施について  本校生徒がバレーボールと野球を通じて地元小学生と交流を図ります

部局名:教育局
課所名:県立不動岡高校
担当者名:鈴木

直通電話番号:0480-61-0140
Email:g610140@pref.saitama.lg.jp

  不動岡高校(校長 島村 圭一)では、「埼玉の子ども70万人体験活動」における高等学校体験活動の一環として、生徒が加須市内の小学校を訪問し、体育授業や体育的行事等において、児童への示範や教員の補助をしています。

  小学生との交流を通して、高校生に問題解決能力やコミュニケーション能力の育成、調和のとれた豊かな人間性や社会性を育むことを期待しています。

  今年度は、バレーボール部と野球部の生徒が地元小学生との交流を図ります。

 

1  日時

令和元年11月5日(火曜日)10時00分~12時00分

           11月6日(水曜日)10時00分~12時00分

2  場所

11月5日  加須市立不動岡小学校  野球部

           (加須市不動岡798番地)

11月6日  加須市立三俣小学校  バレーボール部

          ( 加須市北小浜850番地)

3  内容

野球部:ベースボールゲームを通じて6年生と交流

 

バレーボール部:ソフトバレーボールを通じて5年生と交流

県政ニュースのトップに戻る