ページ番号:167025

発表日:2019年10月25日14時

ここから本文です。

県政ニュース

第9回科学の甲子園埼玉県大会の開催について

部局名:教育局
課所名:高校教育指導課
担当名:学びの改革担当
担当者名:熱尾

内線電話番号:6773
直通電話番号:048-830-6773
Email:a6760-28@pref.saitama.lg.jp

11月2日(土曜日)県立総合教育センターにおいて「科学の甲子園埼玉県大会」を開催します。県内の高校生22校44チーム(6名で1チーム)が、筆記競技と実技競技に挑みます。

優勝校は埼玉県代表チームとして、科学の甲子園全国大会へ出場します。本年度の全国大会は、令和2年3月20日(金曜日)から23日(月曜日)までの4日間、本県で開催します。

また、講演会として、国立天文台水沢VLBI観測所 助教 秦 和弘 氏をお招きし、「史上初、ブラックホールの撮影に成功~地球サイズの電波望遠鏡で、銀河の中心に潜む巨大ブラックホールに迫る」について、今回集まった科学好きな生徒たちにお話いただきます。

科学の甲子園埼玉県大会

1 日程

令和元年11月2日(土曜日)10時00分~16時50分(受付9時30分~)

筆記競技  10時40分~11時40分

実技競技  12時40分~14時45分

講演会  15時00分~16時10分

結果・表彰  16時20分~16時50分

2 会場

県立総合教育センター(行田市富士見町2-24)

3 出場22校  ※()はチーム数(44チーム)

県立浦和高校(3) 、県立浦和第一女子高校(1)、県立大宮高校(2) 、県立大宮工業高校(3)、県立春日部高校(4)、県立川口工業高校(1)、県立川越高校(1)、県立川越工業高校(3)、県立川越女子高校(3)、県立熊谷高校(2)、県立熊谷女子高校(1)、県立鴻巣高校(2)、県立越谷北高校(2)、県立秩父高校(1)、県立所沢北高校(4)、県立不動岡高校(2)、県立松山高校(2)、川口市立高校(2) 、さいたま市立大宮北高校(1) 、開智高校(2)、栄東高校(1)、細田学園高校(1)

4 講演会

(1)演題

「史上初、ブラックホールの撮影に成功~地球サイズの電波望遠鏡で、銀河の中心に潜む巨大ブラックホールに迫る」

(2)講師

国立天文台水沢VLBI観測所 助教

総合研究大学院大学物理科学研究科 天文科学専攻 併任

秦 和弘 氏

5 協働パートナー

株式会社埼玉りそな銀行、株式会社武蔵野銀行、AGS株式会社、株式会社昭和技研工業、株式会社タムロン、トキタ種苗株式会社、株式会社ハーベス、ポーライト株式会社、一般社団法人埼玉県経営者協会

※成績上位校には、協働パートナーの各社から表彰があります。

【参考】

科学の甲子園全国大会

1 日程

令和2年3月20日(金曜日)~3月23日(月曜日)

2 会場

サイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)、ソニックシティ

3 参考

昨年度実施された「第8回科学の甲子園全国大会」のダイジェスト映像を以下のURLで公開しています。

【国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)ホームページ】

https://koushien.jst.go.jp/koushien/tournament/2018/movie.html

県政ニュースのトップに戻る