トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年10月 > オハイオ州・フィンドレー市長の表敬訪問について  姉妹提携30周年に向け、双方の交流をより一層深めるために

ページ番号:167054

発表日:2019年10月25日14時

ここから本文です。

県政ニュース

オハイオ州・フィンドレー市長の表敬訪問について  姉妹提携30周年に向け、双方の交流をより一層深めるために

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:国際戦略担当
担当者名:柳沢・岡

内線電話番号:2713
直通電話番号:048-830-2713
Email:a2705-09@pref.saitama.lg.jp

本県の姉妹州であり、来年姉妹提携30周年を迎える米国・オハイオ州のフィンドレー市から、クリスティーナマーン市長が来県し、両県州の今後の交流について大野知事と意見交換を行います。

本県とオハイオ州は、平成2年(1990年)10月に姉妹提携し、これまで現地大学への奨学生派遣等様々な分野で交流を行ってきました。

特に本県とフィンドレー市は、25年間にわたって本県からフィンドレー大学に奨学生を派遣したり、ミハーリック前市長が4回来県されるなど交流を深めております。こうした交流が縁で昨年8月には川口市が同市と友好都市提携を結び、今年から2名の高校生が10か月間の留学に行っています。

マーン市長は、今年5月に市長に就任して以来、初めての来県となります。

概要

1 日時及び場所

令和元年10月28日(月曜日)11時00分~11時30分

知事公館  第二応接室

2 出席者

<オハイオ州フィンドレー市>

クリスティーン  マーン  市長

ディーナ  オストランダー  市議会議員  他

<埼玉県>

大野 元裕  知事

小谷野 五雄  日米友好埼玉県議会議員連盟会長 他

県政ニュースのトップに戻る