トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年10月 > 女流囲碁棋士  大須賀 聖良さんが知事を表敬訪問

ページ番号:166927

発表日:2019年10月24日14時

ここから本文です。

県政ニュース

女流囲碁棋士  大須賀 聖良さんが知事を表敬訪問

部局名:県民生活部
課所名:文化振興課
担当名:文化振興担当
担当者名:小山・並木

内線電話番号:2887
直通電話番号:048-830-2887
Email:a2875-04@pref.saitama.lg.jp

  女流プロ棋士の拡充などのため、平成31年4月から新たに設けられた囲碁の「女流特別採用推薦棋士制度」によりプロの棋士となった大須賀  聖良さん(さいたま市出身・15歳)が知事を表敬訪問します。

※この新たな制度により女流プロ棋士となったのは全国で8人。

   埼玉県では、大須賀  聖良さんのみ。

表敬訪問の概要

1 日時

令和元年10月28日(月曜日)17時00分から17時10分

2 場所

知事室

3 出席者

大須賀  聖良(おおすか  せいら)  日本棋院東京本院所属  初段

大澤  麻耶(おおさわ  まや)  大須賀  聖良さんの母親

貴堂  資彦(きどう  もとひこ)  日本棋院埼玉県支部連合会会長

大澤  完冶(おおさわ  かんじ)  日本棋院埼玉県支部連合会副会長

伊藤  和由(いとう  かずよし)  日本棋院埼玉県支部連合会事務局長

参考情報

女流特別採用推薦棋士制度

1 趣旨

  囲碁普及活動の増進と女流プロ棋士の拡充のため、平成31年4月から新たに設けられた制度

2 基準

  制度の適用を受けるためには、原則「日本棋院(日本の棋士を統括する公益財団法人)院生のAクラスに同一年度内で5か月以上在籍した者」又は「冬季採用試験本戦勝率5割以上の成績を挙げた者」のどちらかの基準を満たす必要がある。

  大須賀  聖良さんは、東京本院で院生研修Aクラスに同一年度内5か月以上在籍したため、女流特別採用推薦棋士制度の基準を満たし、令和元年9月からプロ棋士として活動している。

県政ニュースのトップに戻る