トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年10月 > 豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針に基づくワクチン接種プログラムの提出について

ページ番号:166758

発表日:2019年10月21日15時

ここから本文です。

県政ニュース

豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針に基づくワクチン接種プログラムの提出について

部局名:農林部
課所名:畜産安全課
担当者名:丸山

内線電話番号:4184
直通電話番号:048-830-4184
Email:a4170@pref.saitama.lg.jp

10月15日(火曜日)、豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針が一部変更され、本県がワクチン接種推奨地域に設定されました。

接種区域や接種の進め方などを定めた本県の「ワクチン接種プログラム」について、農林水産省との事前協議が整ったため、10月21日(月曜日)に同省へ提出しました。

今後は、農林水産省の設定する委員会等を経て、ワクチン接種プログラムが同省に適当と認められれば、家畜伝染病予防法第6条に基づき本県でワクチン接種を開始します。

1 ワクチン接種プログラムの概要

※ワクチン接種プログラム…ワクチンの接種区域やスケジュール等を定めた接種計画のこと

(1)接種区域

埼玉県内全域

(2)接種の進め方

豚コレラが発生した地域、豚コレラに感染したイノシシが確認された地域、野生イノシシが多く生息する地域など、感染リスクの高い地域(秩父地域、児玉地域、大里地域、比企地域、入間地域)から接種開始。

(3)接種の開始予定時期

11月上旬

(4)初回接種終了予定時期

感染リスクの高い地域は、接種開始後3週間程度で終了予定。

他の地域は、2月上旬終了予定。

(5)初回接種頭数

約8万頭

県政ニュースのトップに戻る