トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年10月 > 「国際フェア2019」を開催  埼玉県国際NGOの祭典  見て!食べて!買って!

ページ番号:164540

発表日:2019年10月8日14時

ここから本文です。

県政ニュース

「国際フェア2019」を開催  埼玉県国際NGOの祭典  見て!食べて!買って!

課所名:(公財)埼玉県国際交流協会
担当名:事業戦略担当
担当者名:加藤、倉持

直通電話番号:048-833-2992
Email:jigyo@sia1.jp

  10月20日(日曜日)に、さいたまスーパーアリーナで「国際フェア2019」を開催します。同フェアには埼玉県内のNGOなど27団体がブースを出展します。各団体の活動を知ることができるほか、世界の料理や民族舞踊、小物づくりなどのワークショップも楽しめるイベントです。

  グローバル化が進む中で、県内の在住外国人が18万人を超え、地域で活動するNGOの役割はますます重要になっています。また、多くのNGOが開発途上国に出向き、生活環境向上に寄与しています。このイベントは、言語や文化の違いを超えて草の根の国際交流・協力活動をする県内NGOがその活動をPRするとともに、多くの方に外国人との共生について理解を深めていただくために開催するものです。

主な実施内容

1 日時

令和元年10月20日(日曜日)10時00分~15時30分 

2 会場

さいたまスーパーアリーナ(JRさいたま新都心駅下車すぐ) 

3 内容

(1)世界の文化を体感!

  NGOの活動を紹介するパネル展示や民芸品・料理の販売、韓国、ベトナム、ドイツ、ペルーなど世界各国の民族衣装を試着することができます。また、NGO等によるワークショップに参加して世界を身近に感じてください。 

(2)楽しいステージパフォーマンス!

  メインステージでは、バリ島の民族舞踊やアフリカ楽器の演奏など、多彩なステージが楽しめます。

(3)SDGsイベント開催!

  当日ボランティアとして参加の大宮国際中等教育学校の中学生10名が中心となり、持続可能な開発目標(SGDs)の普及と理解促進のために会場内でSDGsキャンペーンを実施します。来場した方に、SDGs17の目標の中から「わたしにできること」を考えてホワイトボードに書いてもらいます。ご承諾いただいた方には、当協会Facebookに掲載させていただきます。

※SDGs:持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標。持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成されている。

191008-0801191008-0802

(▲SDGsキャンペーン事前学習の様子)

※「コープみらいフェスタ in さいたまスーパーアリーナ」、「健康フェスタ」、「埼玉観光物産フェア」との同時開催。

4 共催

独立行政法人国際協力機構東京センター(JICA東京)

5 後援

埼玉県、埼玉県教育委員会、さいたま市、さいたま市教育委員会、独立行政法人国際交流基金日本語国際センター、埼玉県ユニセフ協会

6 問合せ

公益財団法人  埼玉県国際交流協会  事業戦略担当  加藤、倉持

電話:048-833-2992

email:jigyo@sia1.jp(siaの次は数字の1です)

URL:http://www.sia1.jp/residents/fair/

※「国際フェア2019埼玉」で検索してください

県政ニュースのトップに戻る