トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年10月 > 大宮アルディージャと連携して人権啓発活動を実施します  公式戦会場で「人権メッセージフラッグ」を作成・啓発

ページ番号:164439

発表日:2019年10月7日14時

ここから本文です。

県政ニュース

大宮アルディージャと連携して人権啓発活動を実施します  公式戦会場で「人権メッセージフラッグ」を作成・啓発

部局名:県民生活部
課所名:人権推進課
担当者名:関・和泉

内線電話番号:2829
直通電話番号:048-830-2255
Email:a2250@pref.saitama.lg.jp

  埼玉県では、大宮アルディージャ対徳島ヴォルティス戦のJリーグ公式戦会場において、人権権啓発活動を実施します。

  また、これに先立ち、啓発活動に使用する「人権メッセージフラッグ」に、知事がメッセージを記入します。

啓発活動の概要

1 実施日時

令和元年10月19日(土曜日)13時00分から17時30分頃まで

大宮アルディージャ 対徳島ヴォルティス戦  13時00分開場、16時00分キックオフ)

2 場所

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場内

3 啓発テーマ

「世界のみんなとつながろう! 外国人への差別をなくそう」

4 活動内容

(1)人権メッセージフラッグの作成

  • 事前に埼玉県知事、法務大臣、大宮アルディージャ選手等がメッセージを記入したフラッグに、当日来場された方々にもメッセージを書き込んでいただき、人権メッセージフラッグを完成させます。
  • ハーフタイムに、人権擁護委員がこのフラッグを持って競技場のトラックを1周してスタンドの観客に啓発します。

(2)啓発テーマがプリントされたビニールワンショルダーバッグ(先着5,000人)を配布

(3)選手個人の写真とサインやメッセージが書かれたメッセージボードの展示

(4)電光掲示板による人権啓発広報

※当日は、いじめ撲滅キャンペーンもあわせて実施します(啓発用チラシ、啓発物品を配布)

5 主催者

埼玉県、さいたま地方法務局、埼玉県人権擁護委員連合会、埼玉県人権啓発活動ネットワーク協議会、大宮アルディージャ

知事による人権メッセージの記入

1 日時

令和元年10月8日(火曜日) 16時30分~16時45分

2 場所

知事室

3 出席者

知事、大宮アルディージャ取締役管理本部長細川圭介氏ほか

※選手は来庁(立ち合い)しません。

4 主旨

知事が「人権メッセージフラッグ」に、今回の啓発テーマ「世界のみんなとつながろう!外国人への差別をなくそう」に沿ったメッセージを記入します。

県政ニュースのトップに戻る