Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年9月 > 豚コレラ発生にかかる野生イノシシの捕獲・検査について

ここから本文です。

 

発表日:2019年9月24日14時

県政ニュース

豚コレラ発生にかかる野生イノシシの捕獲・検査について

部局名:農林部
課所名:畜産安全課
担当者名:丸山

内線電話番号:4175
直通電話番号:048-830-4175
Email:a4170@pref.saitama.lg.jp

部局名:農林部
課所名:農業支援課
担当者名:戸井田

内線電話番号:4047
直通電話番号:048-830-4047
Email:a4040@pref.saitama.lg.jp

部局名:環境部
課所名:みどり自然課
担当者名:鈴木

内線電話番号:3142
直通電話番号:048-830-3143
Email:a3140-09@pref.saitama.lg.jp

豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針(農林水産省)に基づき、野生イノシシへの感染確認のための捕獲・検査を開始しましたので、お知らせします。

1 対象エリア

豚コレラの発生農場を中心とした半径10キロ圏内

(対象市町:秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、神川町)

2 実施内容等

(1)捕獲

各地区猟友会による捕獲と検体(血液)採取(採取後の検体は冷蔵保存)

※捕獲方法:わな(くくりわなor箱わな)または銃

各地区猟友会には、検体採取のための容器を配布(9月18日)。

合わせて捕獲の際の防疫措置を依頼しました。

(2)検査の実施

ア 検体の搬入

各市町が、各地区猟友会が採取した検体を取りまとめ、中央家畜保健衛生所へ冷蔵状態で持参または郵送

イ 検査

中央家畜保健衛生所が検査を実施

※検体が届き次第、検査を実施し、その結果を公表する予定。

 

※今後、「1」の対象エリアに加え、周辺市町村における野生イノシシの捕獲強化及び検査の実施を検討します。

なお、死亡イノシシが発見された場合には、従前と同様に、死体を回収し、中央家畜保健衛生所において豚コレラの検査を実施します。


  • 報道機関へのお願い

捕獲等の現地取材は、捕獲作業に支障をきたすこと、また、本病のまん延を引き起こすおそれがあることから、ご遠慮いただきますよう御協力をお願いします。

  • 豚コレラは、豚、イノシシの病気であり、人に感染することはありません。また、感染豚の肉が市場に流通することはありませんが、万が一感染豚やイノシシの肉を食べても健康に影響はありません。

 

<問い合わせ>

防疫方針、検査関係に関すること

農林部畜産安全課 家畜衛生担当(048-830-4175)

捕獲のうち費用に関すること

農林部農業支援課 普及活動担当(048-830-4047)

捕獲のうち狩猟者に関すること

環境部みどり自然課 野生生物担当(048-830-3143)

県政ニュースのトップに戻る