Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年9月 > 『あのとき、○○していれば…』9月24日から30日は結核予防週間です。  街頭キャンペーンを実施します

ここから本文です。

 

発表日:2019年9月20日14時

県政ニュース

『あのとき、○○していれば…』9月24日から30日は結核予防週間です。  街頭キャンペーンを実施します

部局名:保健医療部
課所名:保健医療政策課
担当名:感染症・新型インフルエンザ対策担当
担当者名:河野・齊藤

内線電話番号:3589
直通電話番号:048-830-3557
Email:a3510-17@pref.saitama.lg.jp

結核は昔の病気と思われがちですが、今でも全国で年間15、000人以上の新しい患者が発生し、約2、000人が命を落としている日本の主要な感染症です。

毎年9月24日から30日までの一週間は結核予防週間として、全国で結核予防に関する普及啓発活動が行われます。

今回の結核予防週間では、患者と医師それぞれの立場から結核の早期発見のための重要なポイントを啓発するため、全国で「あのとき、○○していれば…」を標語として取り組みます。

【患者】「あのとき、説明していれば…」

「痰のからむ咳が2週間以上続いていた」などの症状を正しく医師に伝えること

【医師】「あのとき、検査していれば…」

必要な情報を患者から聞き取り、「喀痰の結核菌検査」を行うこと

いつもと違うところを医師に伝えましょう

咳や痰、微熱、倦怠感(体のだるさ)など2週間以上続く場合は、結核の可能性があります。いつもの「風邪」と決めつけてしまわずに、早めに医療機関を受診して、いつもと違うところを医師に伝えましょう。

医師は、そうした患者の情報を聞き取り、結核の可能性がある場合は、痰の検査をしましょう。

街頭キャンペーン

県では、県民の結核への関心を高め、結核に関する正しい理解を深めるために、結核予防会埼玉支部と共同で、街頭キャンペーンを実施します。

日時:9月23日(月・祝)午前10時から午前11時半まで

場所:JR大宮駅西口歩行者デッキ

主体:県、結核予防会埼玉支部

内容:複十字シール運動、啓発物品(ティッシュ、シール)配布

複十字シール運動とは…「結核のない世界」をつくるための募金活動です。収益金は、結核予防の普及啓発活動、開発途上国への結核対策支援等に活用されます。

結核の発生状況

年、新規患者数は減少傾向にありますが、それでも平成30年中に結核患者として新たに登録された方は、全国で15、590人に上り、県内でも856人の登録がありました。

特に、高齢者のり患率が高く、その中でも80歳以上の方の割合は、全国で約4割となっています。

結核の早期発見・早期治療のために

核の症状(長引く咳、痰、微熱、体のだるさなど)には結核の症状には特徴的なものはなく、私たちが日常的に経験する「風邪」の症状とよく似ています。異なるのはそれらの症状が長引くことです。

結核だったとしても、早期に発見できれば、本人の重症化が防げるだけではなく、大切な家族や友人等への感染の拡大を防ぐことができます。

結核の早期発見・早期治療のため、市町村や職場で実施している定期健康診断で年1回胸部のレントゲン検査を受けましょう。

知っていただきたいこと

1 結核はこんな病気

核は、結核菌によって主に肺に炎症を起こす病気です。結核菌の混ざったしぶきが咳やくしゃみと一緒に空気中に飛び散り、それを周りの人が直接吸い込むことによってうつります。2週間以上咳や痰が続くようでしたら、医療機関を受診しましょう。

また、抵抗力の弱い赤ちゃんは、結核に感染すると重症になりやすく、生命を危うくすることもあります。予防するためには、BCG接種が有効です。市町村からの案内に従って、遅くとも1歳までに接種するようにしましょう。

2 治療と公的助成

核と診断されても、6か月~9か月間毎日きちんと薬を飲めば治ります。しかし症状が消えたからといって、治療の途中で服薬を止めてしまえば治りません。それどころか、菌は抵抗力をつけ、薬が効かない耐性菌になることもあります。感染してしまったら、確実に治療しましょう。

なお、結核の治療費用については公的助成が受けられます。

県政ニュースのトップに戻る