Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年9月 > 埼玉県移住就業マッチングサイトがオープンします!働くなら埼玉!移住支援金求人サイト

ここから本文です。

 

発表日:2019年9月20日14時

県政ニュース

埼玉県移住就業マッチングサイトがオープンします!働くなら埼玉!移住支援金求人サイト

部局名:企画財政部
課所名:地域政策課
担当名:地域振興担当
担当者名:伊藤、吉武

内線電話番号:2769
直通電話番号:048-830-2768
Email:a2760-01@pref.saitama.lg.jp

では、東京23区(在住者または通勤者)から県内の9市町村に移住し、就職した方等に移住支援金を最大100万円支給する制度を今年度からスタートさせています。

このたび、この制度をさらに利用していただけるよう、「埼玉県移住就業マッチングサイト(働くなら埼玉!移住支援金求人サイト)」をオープンします。

本サイトは、移住支援金の対象となる求人のほか、地域の魅力や相談窓口などの移住に関するお役立ち情報も紹介しており、「仕事」と「移住」に関する情報をセットで知ることができます。

また、オープンに併せて、マッチングサイトや移住支援金制度を知ってもらうためのセミナーを都内で実施します。

1 埼玉県移住就業マッチングサイト

(1)概要

  • 移住支援金の対象となる求人のほか、地域の魅力や相談窓口などの移住に関するお役立ち情報も紹介しており、「仕事」と「移住」に関する情報をセットで知ることができます。
  • (株)ビズリーチが運営する求人検索エンジン「スタンバイ」の「地域のオススメ求人特集」の中に、「埼玉県求人特集ページ」として開設します。

(2)開設日

  令和元年9月20日(金曜日)

(3)サイトURL

https://jp.stanby.com/feature/saitama

2 セミナーについて

(1)名称

「移住支援金&地域おこし協力隊 働き方セミナー in 有楽町」

(2)日時

令和元年9月29日(日曜日)午後4時30分から午後6時30分まで

(3)場所

ふるさと回帰支援センター4階セミナー室CD

(千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館4階)

(4)内容

マッチングサイトと移住支援金制度を紹介するセミナーです。

「移住先での働き方」をテーマに、移住支援金対象企業が事業や取組のPRを行うほか、現役の地域おこし協力隊員2名がそれぞれの活動内容をお話しします。

【プログラム】

1)移住支援金対象企業による会社PR(大曽根商事株式会社(皆野町))

大曽根商事は、乳酸菌培養、サプリメント製品まで、高度な一貫製造技術を有しています。県の「多様な働き方実践企業」や「生涯現役実践企業」の認定も取得し、従業員の働きやすい環境づくりにも力を入れています。

2)地域おこし協力隊員による活動紹介

  • 木下潤一さん(ときがわ町)

将来的な起業のために捕獲鳥獣の食肉利活用の調査研究を行っています。

  • 宮本莉帆さん(小鹿野町)

自身の体験を生かして同年代の方を中心とした移住相談などに取り組んでいます。

3)市町村によるPR

4)個別相談・交流会

 (5)参加費

無料

(6)セミナーURL

http://www.furusatokaiki.net/seminar_detail/?event_id=147789

<参考1>移住支援金制度について

(1)概要

県と対象9市町村が連携して移住を促進するため、平成31年4月1日以降に移住し、中小企業等に就職するか、起業した方に移住支援金を支給する制度です。

この制度は、国の地方創生推進交付金を活用し、今年度から全国的に実施されています。

(2)対象市町村(9市町村)

秩父市、飯能市、本庄市、ときがわ町、横瀬町、皆野町、小鹿野町、東秩父村、神川町

(3)支給額

1)単身での移住の場合:60万円

2)世帯(世帯人員が2人以上)での移住の場合:100万円

(4)移住支援金の対象となる方(概要)

東京23区(在住者又は通勤者)から県内対象地域9市町村へ移住し、対象地域の中小企業等に就職するか、対象地域で起業した方が移住支援金の対象となります。

※移住支援金制度の詳細は、下記URLからご覧ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0106/sumunarasaitama/ijushugyo-matching-system.html

<参考2>地域おこし協力隊について

概要

総務省の取組の1つ。都市地域から過疎地域等の条件不利地域に住民票を移動し、生活の拠点を移した者を、地方公共団体が「地域おこし協力隊員」として委嘱。隊員は、一定期間、地域に居住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこしの支援や、農林水産業への従事、住民の生活支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への移住・定着を図る。

【参考:マッチングシステム イメージ(PDF:752KB)】 

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。