Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2019年9月19日14時

県政ニュース

県立高等技術専門校の訓練生を募集します

部局名:産業労働部
課所名:産業人材育成課
担当名:総務・職業訓練推進担当
担当者名:渡邉・若月

内線電話番号:4598
直通電話番号:048-830-4598
Email:a4590-03@pref.saitama.lg.jp

県立高等技術専門校(6校1分校)では、機械制御、建築、金属加工などのものづくり分野を中心に、就職に直結する職業訓練を実施しています。

少人数制のクラスで、実技中心の訓練をきめ細かく行っており、平成31年3月修了生(2年コース・1年コース)の就職率は99.3%です。

10月1日から、令和2年4月入校生(2年コース・1年コース)の募集を開始しますので、来年の3月に高等学校等を卒業する方、転職や再就職を目指す方は、是非御応募ください。

1 県立高等技術専門校の特徴

  •  就職に必要な国家資格などの取得に力を入れており、合格率は全国平均を大きく上回っています。

<例>[平成30年度]

資格名

合格率

全国合格率

2級技能士(フライス盤)

100%

        44.6%

2級ガソリン自動車整備士

100%

        87.3%

2級管工事施工管理技術検定(学科)

100%

        61.2%

二級ボイラー技士

95.7%

        55.8% 

2級技能士(建築大工)

93.8%

        39.0%

※ 2級技能士の全国合格率については、平成27年度から平成29年度の3年間の値です。

  • 負担の少ない授業料です(年間118,800円(減免・分納制度あり))。
  • 技能五輪全国大会や若年者ものづくり競技大会などに出場する訓練生もいます。

2 募集日程

区分

受付期間

選考日

合格発表日

推薦選考

令和元年10月1日(火曜日)

    ~10月8日(火曜日)

10月11日(金曜日)

10月17日(木曜日)

一般選考

令和元年10月1日(火曜日)

   ~11月1日(金曜日)

11月7日(木曜日)

11月12日(火曜日)

※ 推薦選考は、令和元年度に高等学校を卒業見込みの方が対象です(一部、実施しない訓練科があります。)。

3 募集科目・コース(期間)等(詳しくは別紙(PDF:109KB)も御覧ください)

※対象者については、2年コースは概ね30歳までの方(自動車整備科は、高等学校卒業(見込み)以上)、1年コースは年齢不問です。

※職業能力開発センターについては、今回募集する科目はありません。

4 授業料

年額118,800円

※ 減免や分納制度があります。

※ 教科書や作業服等は別途自己負担になります。

5 選考試験

  • 推薦選考…作文試験及び面接試験
  • 一般選考…筆記試験(高等学校卒業程度の国語と数学)及び面接試験

※ 入校願書の内容も含め総合的に判断します。

6 応募書類

  • 入校願書(2,200円分の埼玉県収入証紙を貼付)
  • ≪自動車整備科のみ≫高等学校、大学等の卒業(見込み)証明書

※入校願書は、各高等技術専門校、職業能力開発センター、県内ハローワーク、産業人材育成課で   配布します(産業人材育成課のホームページからダウンロードすることもできます。(問い合わせ先URL参照))。

7 応募書類の提出方法等

(1)中学校、高等学校、大学等を令和元年度に卒業見込みの方

入校を希望する高等技術専門校に直接提出するか簡易書留で郵送してください。

(※郵送の場合は受付期間内必着)

(2)(1)以外の方

住所地を管轄するハローワークで御相談の上、入校願書に受付印を押印してもらい、入校を希望する高等技術専門校に直接提出するか簡易書留で郵送してください。

(※郵送の場合は受付期間内必着)

問い合わせ先

県産業人材育成課 総務・職業訓練推進担当 渡邉・若月

電話 048-830-4598(直通) 

ホームページ  http://www.pref.saitama.lg.jp/a0811/kgs/

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。