Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年9月 > 台風15号の被害発生に伴い千葉県へDMATを派遣しました

ここから本文です。

 

発表日:2019年9月11日09時

県政ニュース

台風15号の被害発生に伴い千葉県へDMATを派遣しました

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:地域医療対策担当
担当者名:藤原・丸山

内線電話番号:3642
直通電話番号:048-830-3643
Email:a3530-02@pref.saitama.lg.jp

千葉県内における台風第15号の被害に伴う医療活動を行うため、千葉県から厚生労働省DMAT事務局を通じて、本県に対しDMAT(災害派遣医療チーム)の派遣要請があり、本県から以下のとおり派遣しました。

1 DMAT

(1)派遣先

君津・安房DMAT活動拠点本部

<国保直営総合病院君津中央病院内(千葉県木更津市桜井1010)>

(2)派遣隊数

DMAT 5隊 21名

(社会福祉法人恩賜財団済生会支部埼玉県済生会栗橋病院、日本赤十字社深谷赤十字病院、社会医療法人壮幸会行田総合病院、社会医療法人さいたま市民医療センター、独立行政法人国立病院機構埼玉病院)

(3)活動内容

本部活動・診療支援・搬送・避難所巡回等

2 DMATロジスティックスチーム要員

(1)派遣先

印旛・東葛南部北部DMAT活動拠点本部

<日本医科大学千葉北総病院内(千葉県印西市鎌苅1715)>

(2)派遣者

DMAT 医師1名(埼玉医科大学病院所属)

(3)活動内容

現地のDMATロジスティックスチームに加わり、DMAT本部活動等に従事。

 

《DMAT》

DMATとは、Disaster Medical Assistance Teamの略。医師、看護師、業務調整員の4名を基本として構成。大規模な災害や事故等の発生時、被災地に迅速に駆けつけ救急治療等を行う。

《DMATロジスティックチーム》

DMAT都道府県調整本部やDMAT活動拠点本部等において、情報収集や物資の補給調整等の病院支援等を担うため編成されるチーム。

 

県政ニュースのトップに戻る