Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年9月 > あいおいニッセイ同和損害保険株式会社が提供した災害備蓄食品を県内の子ども食堂及び子育て応援フードパントリーが有効活用  子ども食堂での災害訓練とひとり親家庭の支援

ここから本文です。

 

発表日:2019年9月5日14時

県政ニュース

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社が提供した災害備蓄食品を県内の子ども食堂及び子育て応援フードパントリーが有効活用  子ども食堂での災害訓練とひとり親家庭の支援

部局名:環境部
課所名:資源循環推進課
担当名:資源循環工場・循環型社会推進担当
担当者名:能勢・山本

内線電話番号:3107
直通電話番号:048-830-3108
Email:a3100-02@pref.saitama.lg.jp

部局名:福祉部
課所名:少子政策課
担当名:こどもの未来応援担当
担当者名:内田・大山

内線電話番号:3348
直通電話番号:048-830-3348
Email:kodomoouen@pref.saitama.lg.jp

  あいおいニッセイ同和損害保険株式会社から、食品ロス削減と子どもたちの防災意識の向上、生活に困窮するひとり親家庭の支援のために災害備蓄食品を県内子ども食堂及び子育て応援フードパントリーに提供いただきました。

  埼玉県では、支援団体である埼玉県子ども食堂ネットワーク及び埼玉フードパントリーネットワークにマッチングしました。

  子ども食堂では、災害備蓄食品を使ったメニューの提供と併せて防災教育も行います。また、子育て応援フードパントリーでは、生活に困窮するひとり親家庭に配布します。

  県では、今後も企業等に災害備蓄食品の提供を働きかけ、食品ロス削減を進めるとともに、子ども食堂や生活困窮者等を支援していきます。

子ども食堂での防災教育としての活用事例

1 開催場所

さいたま子ども食堂(さいたま市緑区原山3丁目20−10)

2 開催日

令和元年9月14日(土曜日)17時~19時30分

3 開催内容

災害時の疑似体験となるアルファ米の炊き出しのほか、さいたま市の防災アドバイザーによる防災教育も実施予定

災害備蓄食品提供者の概要

1 寄贈者

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

※埼玉県と包括的連携協定を締結

2 寄贈品

アルファ米4,100食

水1,776本(500mlペットボトル)

3 寄贈時期

受贈者:埼玉県子ども食堂ネットワーク

           埼玉フードパントリーネットワーク

時期:令和元年7月※すでに贈呈済み

場所:埼玉支店  さいたま市中央区上落合1-12-16

        埼玉西支店  川越市旭町1丁目3−64

        埼玉北支店  熊谷市筑波1丁目204

        連絡先:048-855-5971(埼玉支店細川)
190905-0401

4 活用方法

  • 受領した各子ども食堂では9月1日の「防災の日」を中心に防災教育の一環として活用します。県における災害備蓄食品提供のマッチングにおいて、提供された災害備蓄食品を防災教育として活用するのは初めてです。
  • 防災教育としてアルファ米の食事という実際の災害時の疑似体験ができます。
  • 越谷市内、加須市内、深谷市内にある子育て応援フードパントリーでは、生活に困窮するひとり親家庭向けに、食料を配布します。

問合せ先

災害備蓄食品の提供について

環境部資源循環推進課  資源循環工場・循環型社会推進担当

電話 048-830-3108

埼玉県子ども食堂ネットワーク及び埼玉フードパントリーネットワークについて

福祉部少子政策課  こどもの未来応援担当  電話  048-830-3348

県政ニュースのトップに戻る