Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年5月 > 特別支援学校塙保己一学園  6月8日「点字ブロックをふさがないで」理解推進啓発キャンペーンを実施します

ここから本文です。

 

発表日:2019年5月31日14時

県政ニュース

特別支援学校塙保己一学園  6月8日「点字ブロックをふさがないで」理解推進啓発キャンペーンを実施します

部局名:教育局
課所名:特別支援学校塙保己一学園
担当者名:宮部

直通電話番号:049-231-2121
Email:r312121@pref.saitama.lg.jp

立特別支援学校塙保己一学園(校長:栁澤正則)では、視覚障害者が街を安全に歩ける社会環境整備を願っています。

そこで、地元である川越駅において「点字ブロック理解推進啓発キャンペーン」を6月8日(土曜日)にJR川越駅並びに東武東上線川越駅の協力を得て実施します。

日は、児童生徒、保護者、卒業生及び教職員が「点字ブロックをふさがないで」と駅利用者に伝えながら、キャンペーンメッセージ入りティッシュ並びに煎餅を配付します。

また、今回、キャンペーンの趣旨に賛同していただいたJR東日本の川越駅、大宮支社並びに東武東上線川越駅などの皆様にも御協力をいただきます。

さらに、埼玉県のマスコットの「コバトン」「さいたまっち」、川越市のマスコット「ときも」、塙保己一学園のゆるキャラである白杖の妖精「つえぽん」も応援に駆け付けます。

啓発キャンペーンの概要

1 日時

令和元年6月8日(土曜日)雨天実施

午前10時30分~11時00分

2 場所

川越駅(JR・東武)東西連絡通路並びに東西口デッキ

3 参加者

児童生徒、保護者、卒業生及び教職員  約70名

JR東日本の川越駅員、大宮支社員  約13名

東武鉄道の川越駅員  約4名

4 内容

キャンペーン用メッセージ入りティッシュ並びに煎餅の配付

白杖の妖精「つえぽん」

杖の妖精「つえぽん」は、本校のPTAが考案し、製作費を全国から支援していただき誕生した、点字ブロック啓発キャンペーンマスコットです。その体の色は、白杖のカラーになっています。点字ブロックの啓発が目的なので、赤い部分の6つのボタンは、点字の「め」を表し、点字ブロックと同じ黄色のポシェットをまとい、右手には白杖を持っています。

川越市マスコットキャラクター「ときも」

時の(とき)とサツマイモ(いも)から生まれた川越市マスコットキャラクター「ときも」(とき+いも)。
は「紅赤」(べにあか)という品種と同じ紅赤色。まあるい顔は、ほくほくの焼き芋を思わせる、明るく健康的な黄色です。頭の上の黒い帽子のようなものは、川越のシンボル「時の鐘」の分身です。

 

県政ニュースのトップに戻る