Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年5月 > こども動物自然公園WAZA(世界動物園水族館協会)への加盟が決定しました!

ここから本文です。

 

発表日:2019年5月24日14時

県政ニュース

こども動物自然公園WAZA(世界動物園水族館協会)への加盟が決定しました!

部局名:こども動物自然公園指定管理者
課所名:公益財団法人埼玉県公園緑地協会
担当名:こども動物自然公園管理事務所
担当者名:野口 御菩薩池

直通電話番号:0493-35-1234
Email:zoo@parks.or.jp

こども動物自然公園(園長 田中理恵子)では、希少動物の導入や持続可能な繁殖、

育、研究の取り組みをさらに進めるため、平成30年11月にWAZA(世界動物園水族館協会)への加盟を申請しました。

このたび、動物福祉や倫理規定に係る厳しい審査をクリアし、WAZAへの加盟が認められましたので、お知らせします。

なお、日本国内での加盟団体は、当園で10団体目となります。

加盟の理由

続可能な飼育動物の繁殖や希少動物の保護のためには、国際的なネットワークと連携し、世界各国の動物園や水族館と交流を深めることによって信用を高め、協力関係を築くことが重要となります。そこで、世界とのつながりをより強固にし、動物園としての役割を果たして行くことが必要と考え、WAZAに加盟することとしました。

経緯

1 平成30年5月、WAZA事務局に加盟に必要な手続きを確認

2 平成30年10月、東京都恩賜上野動物園と千葉市動物公園から加盟に必要な推薦状を受領

3 平成30年11月、加盟申請書をスイスのWAZA本部に提出

4 平成31年4月29日(月曜日)、WAZA事務局長から加盟が承認されたとのメールを受信

5 令和元年5月、加盟の手続きを実施

WAZA(ワザ)について

1 正式名称

World Association of Zoos and Aquariums

2 歴史

1935年に設立した「世界動物園長連盟」を母体として発展し、2000年に現在の「世界動物園水族館協会(WAZA)」となった。

3 ビジョンと使命

動物、種、生息環境の保全と持続可能に向けて、世界的に動物園と水族館の潜在的可能性を達成する。
動物園と水族館の世界的な共同体として、コミュニケーション・プラットフォームとして機能する。

加盟資格

1 WAZAの定める動物福祉、倫理規定への同意

2 WAZAに加盟している2園からの推薦

日本国内での加盟団体(9団体)

(公社)日本動物園水族館協会、東京都恩賜上野動物園、東京都多摩動物公園、横浜市緑の協会、大阪市天王寺動物園、名古屋市東山動物園、ふくしま海洋科学館、千葉市動物公園、京都市動物園

利用案内

1 開園時間  午前9時30分~午後5時(入園は、閉園の1時間前まで)

2 休園日  毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は開園)

3 入園料  大人(高校生以上) 510円(団体410円)

  小人(小・中学生) 210円(団体170円)

  ※小学校就学前・障害者手帳をお持ちの方は無料

参考:当園で飼育している主な希少動物(PDF:181KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。