Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年4月 > 「守ろう!青少年・若年者の性的被害防止キャンペーン」JKビジネスや自画撮り被害等に遭わないために!を実施します

ここから本文です。

 

発表日:2019年4月8日14時

県政ニュース

「守ろう!青少年・若年者の性的被害防止キャンペーン」JKビジネスや自画撮り被害等に遭わないために!を実施します

部局名:県民生活部
課所名:青少年課
担当名:企画非行防止担当
担当者名:塩野

内線電話番号:2914
直通電話番号:048-830-2914
Email:a2905-01@pref.saitama.lg.jp

少年の性を売り物とするいわゆる「JKビジネス」や自分の裸などを送らせる「自画撮り被害」が横行しています。

そのため、埼玉県青少年健全育成条例が改正され、昨年12月1日から児童ポルノ等の要求行為が禁止、本年4月1日から「JKビジネス」が規制されることとなりました。

そこで、4月15日から3日間連続で県内主要駅(大宮駅、川越駅、熊谷駅)で高校生や青少年健全育成に取り組む団体等とともに条例を周知し、青少年や若年者の性的被害防止を訴えるキャンペーンを行います。

1 キャンペーンの概要

 (1)日時・場所

ア 平成31年4月15日(月曜日)16時30分~17時30分

JR大宮駅西口イベントスペース

イ 平成31年4月16日(火曜日)16時30分~17時30分

JR(東武)川越駅

ウ 平成31年4月17日(水曜日)16時30分~17時30分

JR熊谷駅

 (2)参加団体等

別紙(PDF:77KB)参照

  • 4月15日 ~ 高等学校3校、協力団体等5団体、行政機関4機関
  • 4月16日 ~ 高等学校2校、協力団体等3団体、行政機関5機関
  • 4月17日 ~ 高等学校2校、協力団体等2団体、行政機関5機関

 (3)県内出身の女性アイドルによる啓発活動

4月15日及び同16日は、県内出身の女性アイドル(PDF:207KB)によるイベントを開催した後、高校生や協力団体等とともに啓発品を配布して「青少年や若年者の性

的被害防止」を呼び掛けます。

(4)主催

玉県、埼玉県教育委員会、埼玉県警察

2 その他

株式会社ロッテ浦和工場様の御厚意により御提供いただいた啓発品「コアラのマーチ」も併せて配布します。

190408-0103

3 参考

いわゆる「JKビジネス」とは、女子高校生を「JK」と称して商品化し、青少年の性を売り物とする営業形態をいう。

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。