Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2020年3月 > 外来魚の再放流禁止に係る埼玉県内水面漁場管理委員会指示について

ここから本文です。

 

発表日:2020年3月24日11時

県政ニュース

外来魚の再放流禁止に係る埼玉県内水面漁場管理委員会指示について

部局名:農林部
課所名:生産振興課
担当名:花き・果樹・特産・水産担当
担当者名:青木 来間

内線電話番号:4151
直通電話番号:048-830-4151
Email:a4151@pref.saitama.lg.jp

来魚(オオクチバス、コクチバス、ブルーギル、チャネルキャットフィッシュ)の被害を防止するため、外来魚の再放流禁止に係る委員会指示を2年間延長します。

令和2年2月6日に開催された第408回埼玉県内水面漁場管理委員会において審議した結果、外来魚の再放流禁止に係る委員会指示について、引き続き指示を行うことを決定しました。

1 指示の内容

オオクチバス、コクチバス、ブルーギル及びチャネルキャットフィッシュを採捕した者は、採捕した河川湖沼及びその連続する水域にこれを再び放してはならない。ただし、公的機関が試験研究に供する場合であって内水面漁場管理委員会が承認した場合は、この限りでない。

2 対象区域

県内の公共用水面

3 指示期間

令和2年4月1日から令和4年3月31日まで

4 その他

オオクチバス、コクチバス、ブルーギル及びチャネルキャットフィッシュは、外来生物法(特定外来生物による生態系に係る被害の防止に関する法律)により特定外来生物に指定され、飼育、保管、運搬、販売、譲渡などが禁止されています。

<用語の解説>

1「公共用水面」

河川や湖沼等その水面が水産動物の採捕に関して一般に使用されている水面を意味します。個人の庭池など私有地内の水面は除きます。

2「委員会指示」

漁業調整規則、免許等によって固定的に調整することが不適当な事項について、随時に局所的に漁業調整を図るため、内水面漁場管理委員会が漁業法に基づき、関係者(関係者とは漁業従事者に限らず、適用すべき全ての方を含みます。)に対し指示するものです。

委員会指示には罰則規定がありませんが、指示に従わないと間接的に漁業法の罰則規定が適用される場合があります。

【参考:写真(PDF:274KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。