Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2020年3月 > 産業廃棄物処理業者の許可に係る行政処分について

ここから本文です。

 

発表日:2020年3月23日15時

県政ニュース

産業廃棄物処理業者の許可に係る行政処分について

部局名:環境部
課所名:産業廃棄物指導課
担当名:監視・指導・撤去担当
担当者名:大塚、富田

直通電話番号:048-830-3135
Email:a3120-03@pref.saitama.lg.jp

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)に基づき、産業廃棄物処理業の許可に係る行政処分を行いました。

1 事案の概要

家屋解体現場について調査したところ、排出事業者が収集運搬業者に解体工事及び産業廃棄物の処理をいわゆる「丸投げ」したことにより、処分業者と委託契約を結ばず、マニフェストも交付せずに処理させたことが判明したため、当該排出事業者の収集運搬業の許可について60日の事業全部停止の行政処分を行った。

また、「丸投げ」を受けていた収集運搬業者については、マニフェストの交付を受けずに収集運搬していたほか、法の規定により求められた報告について一部虚偽の報告を行ったことが判明したため、同じく30日の事業全部停止の行政処分を行った。

2 処分対象業者

(1)有限会社ジャストシステム

代表取締役 原 仁

所在地 上尾市原市北一丁目8番地5

許可の内容

産業廃棄物処理業の種類 産業廃棄物収集運搬業(積替え保管を除く。)

産業廃棄物の種類:燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類(*)(#1)、紙くず、木くず、繊維くず、金属くず(#1)、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)及び陶磁器くず(*)(#1)、がれき類(*)、ばいじん以上13種類

※産業廃棄物の種類に(*)表示のある場合は石綿含有産業廃棄物を含む。

※産業廃棄物の種類に(#1)表示のある場合は水銀使用製品産業廃棄物を含む。

許可番号 01101118106

処分の内容 事業の全部停止 60日間

(令和2年3月27日から令和2年5月25日まで)

処分の根拠 法第14条の3第1号

(2)KS総業株式会社

代表取締役 齋藤 浩二

所在地 川口市大字東本郷747番地

許可の内容

産業廃棄物処理業の種類 産業廃棄物収集運搬業(積替え保管を除く。)

産業廃棄物の種類:廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず(がれき類を除く。)及び陶磁器くず、がれき類以上7種類

※産業廃棄物の種類に(*)表示のある場合は石綿含有産業廃棄物を含む。

許可番号 01100182815

処分の内容 事業の全部停止30日間

(令和2年3月27日から令和2年4月25日まで)

処分の根拠 法第14条の3第1号

3 処分日

令和2年3月19日((有)ジャストシステム)

令和2年3月23日(KS総業(株))

4 処分理由

(1)有限会社ジャストシステムは、自らが排出事業者であるさいたま市内の建築物解体工事から発生した産業廃棄物について、平成31年3月25日から平成31年4月3日までの間に少なくとも9回、産業廃棄物処分業者と委託契約を結ばずに産業廃棄物の処理を委託した。このことは法第12条第6項に違反する。

限会社ジャストシステムは、上記委託に際し、平成31年3月25日から平成31年4月3日までの間に少なくとも11回、産業廃棄物管理票を交付せずに産業廃棄物の処理を委託した。このことは法第12条の3第1項に違反する。

(2)KS総業株式会社は、さいたま市内の建築物解体工事から発生した産業廃棄物について、平成31年3月25日から平成31年4月3日までの間に少なくとも11回、排出事業者から産業廃棄物管理票の交付を受けずに産業廃棄物の収集運搬をした。このことは法第12条の4第2項に違反する。

KS総業株式会社は、埼玉県環境部産業廃棄物指導課長が令和元年8月22日付けで求めた法第18条に基づく報告について、その一部で虚偽の報告をした。このことは法第18条第1項に違反する。

 

 

県政ニュースのトップに戻る