Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2020年3月 > 災害時における障害児者入所施設の利用者の他施設への受入れに関する協定の締結について

ここから本文です。

 

発表日:2020年3月19日11時

県政ニュース

災害時における障害児者入所施設の利用者の他施設への受入れに関する協定の締結について

部局名:福祉部
課所名:障害者支援課
担当名:施設整備・指導担当
担当者名:白土・長谷川

内線電話番号:3302
直通電話番号:048-830-3313
Email:a3300-09@pref.saitama.lg.jp

昨年の台風第19号の浸水被害を教訓として、被災した入所施設の利用者がまとまって避難できる場所が確保できないケースが想定されることから、利用者を他施設に一時的に受け入れる体制を構築する必要があります。

このたび埼玉県は、県内の入所施設が加盟する埼玉県発達障害福祉協会及び埼玉県身体障害者施設協議会と「災害時における障害児者入所施設の利用者の他施設への受入れに関する協定」を締結することとし、下記のとおり協定締結式を行います。

この協定の締結により、県と障害者施設団体が連携し、災害時における施設利用者等の安全で安心な生活環境の確保と施設の安定的な運営を図っていきます。

1 日時・場所

令和2年3月23日(月曜日)午前9時から午前9時15分まで

福祉部長室

2 出席者

埼玉県発達障害福祉協会 会長 長岡 洋行様

埼玉県身体障害者施設協議会 副会長 大野 操 様

3 協定の概要

  • 県は、被災施設から一時受け入れの要望があった場合や県から被災施設に一時受け入れを促した場合は、障害者施設団体に協力を要請する。
  • 障害者施設団体は、会員施設に一時受け入れの協力を求める。
  • 被災施設は、必要に応じ受入施設に職員を巡回・訪問させ、利用者の生活支援を行うとともに、利用者の状況に応じて受入施設と連携し、必要な対応を行う。

県政ニュースのトップに戻る