Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2020年3月 > 県立文書館 『埼玉県史料叢書21 埼玉新聞社撮影戦後報道写真フィルムのなかの埼玉 1947-1964』を刊行します ― 報道写真で埼玉県の戦後史を生き生きと描く ―

ここから本文です。

 

発表日:2020年3月17日11時

県政ニュース

県立文書館 『埼玉県史料叢書21 埼玉新聞社撮影戦後報道写真フィルムのなかの埼玉 1947-1964』を刊行します ― 報道写真で埼玉県の戦後史を生き生きと描く ―

部局名:教育局
課所名:文書館
担当名:史料編さん担当
担当者名:佐藤

直通電話番号:048-865-0112
Email:p6501121@pref.saitama.lg.jp

県立文書館では、埼玉県の歴史と文化にとって重要な史料をわかりやすく編集し、解説を付した史料集『埼玉県史料叢書』を発刊しています。この度、その第21巻として、『埼玉県史料叢書21 埼玉新聞社撮影戦後報道写真 フィルムのなかの埼玉 1947-1964』を刊行します。

本書には、埼玉新聞社が撮影し、のちに県立文書館に寄贈された50万コマ以上のフィルムの中から、終戦後間もない昭和22年(1947)から東京オリンピックが開催された昭和39年(1964)までに撮影された512点の写真を厳選して掲載しました。

本書は県内外の公立図書館等に配布するほか、有償頒布を行います。地域史研究や生涯学習にぜひご活用ください。 

1 本書の特色

本書ではカスリーン台風、「昭和の大合併」、高度経済成長、そして東京オリンピックにいたる埼玉県の戦後史を生き生きと描く512点の写真を掲載しました。政治・行政・経済の動き、懐かしさを感じさせる風景、そして人々の生活や文化を映した写真をバランスよく選びました。

写真への理解を深めていただくために、それぞれの写真には新聞記事等の調査に基づく説明文を付け、合わせて報道写真の概要や時代背景についての解説、関連年表と掲載写真一覧を掲載しました。

 

2 本書の構成

1.戦後の混乱と諸改革昭和22年(1947)~昭和24年(1949)

掲載写真:47点

主な内容:カスリーン台風、県庁の火災、民主的な改革の動きな

2.戦後の終わりと復興への動き昭和25年(1950)~昭和29年(1954)

掲載写真:182点

主な内容:朝鮮戦争をきっかけとした経済復興、高崎線電化など。

3.成長への胎動昭和30年(1955)~昭和35年(1960)

掲載写真:150点

主な内容:「昭和の大合併」、安保条約改定反対運動など。

4.「政治の季節」から「経済の季節」へ 昭和36年(1961)から昭和39年(1964)

掲載写真:86点

主な内容:工場や大型住宅団地の建設、スーパーマーケットの進出など。

5.東京オリンピックと埼玉県昭和33年(1958)から昭和39年(1964)

掲載写真:47点

主な内容:国立競技場聖火台の製造、東京オリンピックの県内開催など。

3 有償頒布

県政情報センター(県庁衛生会館1階)で、3月17日(火曜日)から有償頒布(税込2,090円)します。

(県政情報センター  電話048-824-2111  内線2890)

県政ニュースのトップに戻る