トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年2月 > 埼玉県鉱工業指数について(令和元年12月分、令和元年第4四半期分)

ページ番号:173489

発表日:2020年2月26日14時

ここから本文です。

県政ニュース

埼玉県鉱工業指数について(令和元年12月分、令和元年第4四半期分)

部局名:総務部
課所名:統計課
担当名:経済分析担当
担当者名:平賀・久保・新井

内線電話番号:2328
直通電話番号:048-830-2327
Email:a2300-02@pref.saitama.lg.jp

令和元年12月分 鉱工業指数について

生産、出荷ともに2か月連続の低下

1 概要

和元年12月の生産指数は、食料品工業、情報通信機械工業などの低下により2か月連続の低下となりました。出荷指数は、食料品工業、輸送機械工業などの低下により2か月連続の低下となりました。在庫指数は3か月ぶりの上昇、在庫率指数は2か月連続の上昇となっています。 

 

指数

前月比(%)

前年同月比(%)

生産

91.2

- 0.4

- 5.6

出荷

89.6

- 1.6

- 7.5

在庫

86.7

 1.2

- 0.2

在庫率

101.1

8.4

13.4

2 業種・品目別動向(生産・出荷23業種 、在庫20業種)

< 生産 > 上昇・9業種、低下・14業種

炭酸飲料などを含む食料品工業、カーオーディオなどを含む情報通信機械工業など14業種で低下しました。

一方で、包装・荷造機械などを含む生産用機械工業、電力変換装置などを含む電気機械工業などの業種で上昇しました。

< 出荷 > 上昇・9業種、低下・14業種

酸飲料などを含む食料品工業、普通トラックなどを含む輸送機械工業など14業種で低下しました。

一方で、電力変換装置などを含む電気機械工業、包装・荷造機械などを含む生産用機械工業などの業種で上昇しました。

< 在庫 > 上昇・14業種、低下・6業種

クッキングヒーターなどを含む電気機械工業、プラスチック製容器などを含むプラスチック製品工業など14業種で上昇しました。

一方で、マシニングセンタなどを含む生産用機械工業、ガス警報器などを含む情報通信機械工業などの業種で低下しました。

令和元年第4四半期分 鉱工業指数について

生産、出荷ともに2期連続の低下

1 概要

和元年第4四半期(令和元年10月~令和元年12月期)の生産指数、出荷指数はともに、輸送機械工業、化学工業などの低下により2期連続の低下となりました。在庫指数は3期連続の低下、在庫率指数は2期ぶりの低下となっています。

 

指数

前期比(%)

前年同期比(%)

生産

92.7

- 3.9

- 7.6

出荷

92.5

- 5.8

- 9.0

在庫

86.7

- 5.5

- 0.2

在庫率

95.1

- 0.1

6.6

2 業種・品目別動向(生産・出荷23業種 、在庫20業種)

<生産>上昇・5業種、低下・18業種

自動車エンジンなどを含む輸送機械工業、医薬品などを含む化学工業など18業種で低下しました。

一方で、空気圧機器などを含む汎用機械工業、電力変換装置などを含む電気機械工業などの業種で上昇しました。

<出荷>上昇・6業種、低下・17業種

乗用車などを含む輸送機械工業、医薬品などを含む化学工業など17業種で低下しました。

一方で、空気圧機器などを含む汎用機械工業、混成集積回路などを含む電子部品・デバイス工業などの業種で上昇しました。

< 在庫 > 上昇・9業種、低下・11業種

乗用車などを含む輸送機械工業、研削盤などを含む生産用機械工業など11業種で低下しました。

一方で、クッキングヒーターなどを含む電気機械工業、ユニット住宅などを含むその他製品工業などの業種で上昇しました。

 

12月分、第4四半期分の指数に関するホームページアドレス

『埼玉県鉱工業指数』http://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a099/index.html

県政ニュースのトップに戻る