トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2020年2月 > 「学校地域WIN-WINプロジェクト」県立狭山特別支援学校の生徒がNPO法人コモンビートから、「異文化理解・多様性」について学びます

ページ番号:173424

発表日:2020年2月25日14時

ここから本文です。

県政ニュース

「学校地域WIN-WINプロジェクト」県立狭山特別支援学校の生徒がNPO法人コモンビートから、「異文化理解・多様性」について学びます

部局名:教育局
課所名:生涯学習推進課
担当名:地域連携担当
担当者名:藤井

内線電話番号:6979
直通電話番号:048-830-6979
Email:a6975-05@pref.saitama.lg.jp

  県では、学校教育に活用できる地域の力を発掘し、地域と学校をつなげることで、生徒たちが実社会からの学びを充実するとともに、学校の力を地域に活かす取組「学校地域WIN-WINプロジェクト」を平成30年度から行っています。

  今回の取組では県立狭山特別支援学校がNPO法人コモンビートと連携し、生徒が世界の文化について写真やクイズ等で学ぶとともに、異なる文化のダンスなど、身体表現を通じて、異文化理解・多様性について学ぶ機会を設けます。

1 日時

令和2年3月2日(月曜日)10時20分~12時10分

2 会場

県立狭山特別支援学校体育館

(狭山市笹井2958)

3 対象

中学部生徒(57名)

4 講師

NPO法人コモンビート

ファシリテーター  上原  紗英  氏

5 内容

日本と外国の文化を写真やクイズ等で学ぶとともに、異なる文化のダンスなど、身体表現を通じて、世界の文化の多様性を体験します。身体表現をしていく過程で、チームワークや表現する力を高め、異文化理解や多様性について、体感する機会を設定します。

県政ニュースのトップに戻る